西奈中学校とは
【所在地】静岡市葵区東瀬名町14-1 【創立】昭和22年4月22日 【校長】近藤 高伸 【PTA会長】 天野 友幸(第38代)
 
自ら学び、ともに高め合う生徒
 静岡市立西奈中学校は、静岡市の真中に位置し(合併前は、旧静岡市の東端でしたが)、近くには梶原景時が自害したことで有名な梶原山(生徒の歴史研究の場であり、肉体鍛練の場)があります。

 中学校は、昭和22年創設の市内で最も古い伝統を誇る学校の一つで、平成18年度は創立60周年を迎えています。
 
 生徒数は創立時には179人、その後徐々に増加し、昭和57年に1000人を超えました。

 そして、ピークの昭和61年には1431人を数える市内でも有数のマンモス校となったため、翌昭和62年には、竜爪中の分離開設があり、生徒数も792人と半減しました。

 その後は少子化の影響で減少を続け、H15年度には333人にまで落ち込みましたが、近年は再び増加し400人前後を推移していましたが、平成の終わり頃から再び減少、2020年度は349人となっています。


 なお、平成17年度から特別支援学級が設置されています。
 
 生徒のほとんどが西奈南小(ごく一部が西奈小、高部小)からの持ち上がりで、とても和気あいあいとした、どちらかといえばのんびりとした中学校です。

 また地域的にも、鎌倉時代から続く集落(瀬名川)を中心に、親子3代が西奈中の同窓生である家庭もあるなど、比較的まとまりがある地域です。
▼西奈中学校です!

⇒ 学校が運営するホームページ
 
■2020年度 校長あいさつ・・・西奈中学校長 近藤 高伸
 
 「西奈スピリット」

 4月7日、正門の桜も満開を迎えようとする中、116名の新入生を迎え入学式を行いました。令和2年度の西奈中学校がスタートしました。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、始業式、入学式は生徒一人一人、1m間隔で配置した椅子に座る形で行いました・・・・

  → 本文はこちらから
▼これから、我が西奈中学校の歴史や校歌など、たくさんの写真をまじえて「西奈中あれこれ」を紹介します。
 
メニュー 内    容
「自ら学び、共に高め合う生徒」の育成
「西奈中50年誌」から主な出来事を抜粋記事
「西奈中50年誌」からたくさんの写真を転載。
校章と校旗を紹介。
校歌を音声データで紹介。
現在の生徒数、生徒数の推移(2020年度版)
教職員を紹介(2020年度版)
▲このページのTOPに戻る
MENU 野球 陸上 卓球 テニス 男バス 女バス 男バレ 女バレ ブラバン 美術
■ 当サイトに対するご意見、ご感想をお寄せください。  静岡市立西奈中学校PTA ■
Copyright 2002-2004 Shizuoka Nishina Junior High School PTA. All Rights Reserved
HOME | あいさつ | PTA活動 | 学校紹介 | 今月の予定 | 部活動 | 案内図 | 地域情報 | 掲示板&メール | リンク | サイトマップ