HOME > 部活動TOP >H17中体連 > 男子バレー部
平成17年度中体連
[平成16年度中体連] [平成15年度中体連]
  【部長】
 僕たちは、県大会で一つでも多く勝つことを目標にしてきました.しかし、残念ながら中体連では、県大会に進めずに終わってしまいました.本当にみんな悔しがりました。でも、この3年間大変なことや苦しいことを一緒に経験してきた仲間はかけがえのない存在になったと思います。さらに、バレーボールを通して、思いやる気持ちの大切さや協力する大切さなどを学ぶことができました。部活の経験を生かして残された中学校生活をがんばりたいと思います。
 【顧問から】
 前任の坪井先生から引き継いだ男子バレー部の‘‘強い”という評判は耳にしていました.プレッシャーと期待が入り交じったスタートとなりました。13名の男子部員は、個性豊かな生徒たちで、それぞれがアピールする良い点をもっていました.その力が結集したときの試合では、驚くほどの実力を発揮しました。残念ながら、あと一歩のところで県大会出場を逃しましたが、バレーボールを通して学んだ多くのことを学校生活に生かしてほしいと思います.
■7/23 決勝トーナメント3・4位決定戦  ●西奈VS篭上 0-2 (東部体育館) 県大会出場を逃す!
 ●西奈VS篭上 0-2(24-26、18-25)
 県大会出場の4校目を決める大事な試合。対戦相手は、敗者戦から勝ちあがってきた篭上中。
  1セット目はお互い譲らずシーソーゲームとなる。ジュースの末、篭上がセットを取る。
 2セット目は、大事なところでミスが重なり、簡単に失って、まさかの敗戦。県大会への道を閉ざされてしまった。
 今大会は第3シードで臨み、県大会出場が確実視されていただけに残念な敗戦となってしまった。

 
▼気合を入れる西奈中 ▼珍しく赤のセカンドユニフォーム。
■7/23 決勝トーナメント準決勝 ●西奈VS豊田 0-2 (東部体育館)
 ●西奈VS豊田 0-2(20-25、22-25)
 第2シード豊田中と対戦!勝てば県大会出場が決まる大事な一戦。第1セットは、序盤リードをするも、緊張からか硬さが目立ち、サーブレシーブが乱れ、正確なトスがあがらず逆転で失ってしまう。
 続く、第2セットは、豊田中の190cm台の2年生センターの活躍で、常に3、4点のリードを許す苦しい展開。終盤、サーブが冴え、19-21と2点差に迫るも、最後は押し切られてしまった。

 
▼第2シード豊田戦に臨む ▼さぁ、レシーブだ。
▼ブロック一本! ▼相手のスパイクをシャッタウト
■7/17 決勝トーナメント2回戦 ベスト4進出! ○西奈VSr城内 2-0 (南中体育館)
  ○西奈VS城内 2-0(25-21、25-13)
 危なげない試合運びで城内を圧倒。ベスト4進出。
 これで、7/23の準決勝(VS第2シード豊田)に勝てば文句なく県大会進出が決まる。負ければ敗者戦を勝ち抜いた相手と県大会出場をかけて戦うことになる。
■決勝トーナメント組合せ
■7/16 予選リーグ  ・・・第3シードで登場 2連勝で決勝T進出!
 
【第1試合】
 ○西奈VS東豊田 2-0(25-20、25-23)
 第3シード校として登場するも、東豊田の粘りにあい大苦戦。
【第2試合】
 ○西奈VS観山 2-0(25-17、25-15)
 ようやく本来の力を発揮。エース海野選手のクイック攻撃などが冴えを見せ、観山を圧倒する。
 明日の決勝トーナメントは2回戦から。初戦はベスト4をかけ、城内VS賤機の勝者と対戦する。
▼クイック攻撃がみごとに決まる(vs豊田) ▼石川先生を囲み対策を練る
▼鋭いサーブ ▼勝利を決めベンチに戻る西奈中メンバー
 
▲このページのTOPに戻る
MENU 野球 陸上 卓球 テニス 男バス 女バス 男バレ 女バレ 美術 吹奏楽
■ 当サイトに対するご意見、ご感想をお寄せください。  静岡市立西奈中学校PTA ■
Copyright 2002-2004 Shizuoka Nishina Junior High School PTA. All Rights Reserved
HOME | あいさつ | PTA活動 | 学校紹介 | 今月の予定 | 部活動 | 案内図 | 地域情報 | 掲示板&メール | リンク | サイトマップ