HOME > 部活動TOP >H20中体連 > 男子バスケット部
平成20年度中体連
[平成15年度] [平成16年度] [平成17年度] [平成18年度] [平成19年度]
 ■決勝T2回戦 中島に破れベスト8を逃す! ●西奈VS中島 29-40 (2008/07/19)
 
 決勝T2回戦は草薙で行われた。この日、草薙では男女バスケットの決勝Tのほかに、陸上競技場では県中学通信陸上、野球場では高校野球3回戦が行われ、多くの人で賑わった。
 決勝T2回戦に進んだ西奈はベスト8をかけて中島と対戦。試合は序盤から中島のリードで始まった。粘る西奈が第3Qには一時5点差まで詰め寄ったが、確実にシュートを決めた中島に最後は振り切られ、ベスト8進出を逃した。
 大会は、第1シード安倍川が決勝で大成を接戦の末下し優勝を飾った。2位には大成、3位には末広、4位には東、5位には賤機が入り、この5校が県大会出場を決めた。
 部活動父母会の皆さん、中体連情報はこちらからお寄せください!
▼さぁ 攻撃だ。西奈の横断幕の前で!
▼攻めあがる ▼中島の猛攻をガード
▼作戦タイム ▼ゴール下での攻防。西奈が攻める
■決勝トーナメント組合せ&結果(2008/07/21)
 ■決勝T1回戦 附属静岡に競り勝つ! ○西奈VS附属静岡 67-53(2008/07/12)
 
 西奈は足を負傷しているいつものスターティングメンバー吉原に変え、テクニックがあり運動量も豊富な羽鳥を起用、対する附属中は、テクニックのある9番10番のドライブ、シュート力のある12番のミドルシュートと比較的個人技で勝負してくるチーム。序盤から附属中9番と羽鳥の激しいマッチアップから試合が始まる。
 先制点は西奈、ガード曽根田からのパスを受けた清水が落ち着いて決めた。今日の西奈は序盤から落ち着いた試合運び、無理なディフェンスはせず相手のミスを誘いボールを奪い、そこからの速攻で点を加算していく。対する附属中はミスをつかれた焦りからか序盤から無理なディフェンスをし、開始3分足らずでチームファールが5個を超えた。西奈はドライブからしかけインサイド、アウトサイドとパスをつなぎ第1Qで22-7と大量リードを奪う。
 第2Qは附属中ペースで9番10番がドライブを仕掛け、4点差まで追い上げてきた。いつもなら焦って手が出てしまいファールが多くなる西奈だが今日のガード陣は、足でのディフェンスに撤していた。しかし、キャプテン井澤が痛恨の3ファール、試合終盤を考え近藤監督は井澤に代え吉原を投入した。怪我をおしての出場の吉原は落ち着いたパスまわしから試合を落ち着かせる。
 第3Qキャプテン井澤を再度投入、ファール数の差が序所に出てくる。無理なディフェンスの出来ない附属中に対して1対1を仕掛け、突き放しにかかる。寺田の3P、ミドルシュート、キャプテン井澤の得意な0度からのミドルシュートも決まり9点差まで差を広げる。
 第4Qは無理な攻めをせずゆっくりしたパスまわしから焦って出てきた相手ディフェンスのすきをつき、インサイドへのパスから加点していき、67-53で勝利した。
 次は、ベスト8をかけ、19日、草薙体育館で中島中と対戦する。

 部活動父母会の皆さん、中体連情報はこちらからお寄せください!
▼清水君のシュートでさい先よく先制する
▼スターティング ▼1Q 鳥羽君のシュートが決まる
▼1Q 曽根田くんが速攻を決める ▼2Q 吉原君が相手ガードを揺さぶる
▼3Q キャプテン伊澤君がロングシュートを決めた ▼4Q 寺田君が相手シュートをガードする
 ■予選リーグ2戦目 シード大里に食い下がる! ●西奈VS大里 56-84(2008/07/06)
 
 予選リーグ第2戦は、前日の勢いをかって第5シード大里に挑んだが、第1Qで勝利を決められた。
 西奈は、前半動きが硬く、パスミス、シュートミスが目立ち、第1Qで10-24と大量リードを奪われる。ようやく試合に慣れた第2Q、第3Qは、大応援団の声援を背にシード大里と互角に渡り合う。しかし、疲れが見えた第4Qに、再び大里に引き離され、56-84で試合を落とした。
 大里は、部員数も13名程度と少なく、体格的にも西奈と変わらず大型ではないが、試合慣れしたスピードとミスの少ないシュートで西奈を圧倒した。

 決勝トーナメントはEブロック2位で出場する。組合せ抽選は7月7日(月)に行われる。
▼ジャンプボールを制す!
▼試合前に勢ぞろいする3年生18人 ▼さぁ頑張るぞ!先発の5人
▼序盤から大里のシュートが小気味よく決まる ▼西奈のフリースロ-がみごとに決まる
▼リバウンド合戦 ▼西奈の反撃が始まった
 ■予選リーグ初戦 大接戦で豊田を下す! ○西奈VS豊田 52-50(2008/07/05)
 
 予選リーグ初戦、西奈は、後半豊田の猛反撃を受けるも、序盤のリードを守りきって、勝利をあげた。
 練習試合の対戦成績からも西奈優位かと思われたが、第1Q緊張からかミスが目立ち、まさかの7点ビハインドで第1Q終了。
 第2Q落ち着きを取り戻し、寺田、吉原、曽根田のガード陣のねばり強いディフェンスからペースをつかみ、井澤、清水のインサイド陣もリバウンドで勝ちはじめ、第2Q終了時には9点のリード。このままリードを広げるかと思われたが、第3Q途中から豊田中がゾーンディフェンスを狭く変更、相手の作戦がはまり、インサイドへのパスが入らず、パスカットからの速攻で点差をつめられる。西奈中はペースを掴もうとガードに羽鳥を投入するが流れは変わらず5点差までつめられた。第4Qは一進一退でどちらが勝つか分からない状況、試合終了が近くなり、お互いシュートミスが目立ちだした。大事な場面でのオフェンス、ディフェンスリバウンドをキャプテン井澤が抑え、辛うじて勝利した。
 予選リーグ第2試合は、明日7日シードの大里と南部体育館で対戦することになった。
▼円陣を組むに西奈
 ■大会展望(2008/6/28現在)
 
 7月5日から中体連地区予選が始まる。静岡地区予選はの22校が参加して、ブロック予選、決勝トーナメントが繰り広げられ、県大会出場の3校が決まる。V争いは直前の県会長杯を制した安倍川がダントツ。このあとに大成、東が続く。
 ブロック予選は決勝Tの組合せを決める試合で、7月5日、6日に7ブロックにわけ行われ、全チームが決勝Tへ進出する。西奈の入ったブロックは、第5シード大里中心の争いとなる。7月5日(土)東部体育館で行われる初戦の豊田戦は互角の戦いが予想され、これに勝って、勢いをつけて決勝Tへ進みたい。
▲このページのTOPに戻る
MENU 中体連TOP / 日程表 / 野球 / 陸上 / 卓球 / テニス / 男バス / 女バス / 男バレ / 女バレ / 美術 / 吹奏楽 / 個人参加
■ 当サイトに対するご意見、ご感想をお寄せください。  静岡市立西奈中学校PTA ■
Copyright 2002-2004 Shizuoka Nishina Junior High School PTA. All Rights Reserved
HOME | あいさつ | PTA活動 | 学校紹介 | 今月の予定 | 部活動 | 案内図 | 地域情報 | 掲示板&メール | リンク | サイトマップ