HOME > 部活動TOP >H22中体連 > 女子バレー部
平成22年度中体連
[平成15年度] [平成16年度] [平成17年度] [平成18年度] [平成19年度] [平成20年度] [平成21年度]
 ■3位決定戦
 
第1シード服織に勝てず、敗者復活戦へ!
 最終日7月18日(日)、東部体育館で、決勝・準決勝、3位決定戦が行われ、賤機B、高松Dが決勝に駒を進め、県大会をものにした。残る一枠を目指し6校が熱戦を繰り広げた。

 西奈は、3位決定戦1回戦、大里を2-0と難なく下したが、2回戦では1セットを奪うも、逆転で第2シード長田西の前に、県大会を目前にして涙をのんだ。
 試合後、岡田監督が「大勢の保護者や先輩の応援を力にして、子どもたちは本当によくやった。子どもたちには応援してくれる人を感動させるプレーをしてこいといったが、それができたんではないでしょうか」と熱く語ってくれた。

【3位決定戦1回戦】 ○西奈VS大里 2-0
 赤のユニフォームの大里は身長も高くなく、西奈と同じタイプのチームで、今大会はノーシード。しかもこれまでの公式戦の実績では西奈が格上の成績を残しているので、あとの試合を考えると、なんとしても簡単に勝っておきたい相手だ。
 第1セット、序盤から3番鈴木のサーブで崩す、サーブレシーブもセッターに帰り、余裕の攻撃ができ、7-25と簡単にこのセットをものにした。

 しかし、2セット目は大里もリズムを取り戻し、一進一退の攻防が続く、1番佐藤、5番石川のサーブで中盤以降、徐々に点差を広げ、西奈が順当に23-25と接戦をものにした。
 (岡田監督)  「今日は3本とも勝つ、そして最後は苦手の服織を破って、県大会出場を決めます」

 
【3位決定戦2回戦】 ●西奈VS長田西 1-2(25-18、16-25、22-25)
 西奈は昨年までのオレンジ色のユニフォームで登場。第3シード賤機に敗れた第2シード長田西と戦った。長田西は、賤機よりは戦いやすい相手だ。第1セットは序盤リードされたが、中盤3番鈴木のサーブが決まり逆転、その後も、拾ってつなぐバレーで第1セットは25-18で西奈が奪う。

 第2セットに入ると長田西の4番をはじめサーブが冴え始め、西奈のサーブレシーブが乱れる。苦しいところで西奈4番福井のスパイクが決まるが、後が続かず、このセットは、16-25いいところなく失う。

 最終セットは、西奈が2番ライト曾根田のサーブで序盤リードするも、すぐ追いつかれ、手に汗を握る一進一退の攻防が続いた。15点を過ぎ、西奈が4番センター福井のジャンピングサーブで一気に長田西を19-15と突き放す。しかし直後に相手サーブで崩されア19-21と再逆転される。ここからお互い譲らずラリーが続くが21-24とマッチポイント握られる。
 ここから西奈も粘ったがあと一歩及ばず、22-25でこのセットも失い、逆転で長田西の前に屈した。
 
■決勝トーナメント組合せ
■VS大里戦
父母会から熱い思いを、たくさんの写真で送っていただいたのですべて載せますが、とりあえず大里戦から・・・
▼さぁ 勝つぞ〜! ▼鈴木の一球入魂のサーブ
▼スパーサーバー植田登場! ▼よ〜し! 気合だ〜!
▼ジャンピングサーブで攻める ▼ナイスレシーブ・・石川・
▼懸命に抗議するキャプテン・・・聞き入れられず! ▼曽根田落ち着いてサーブカット
■VS長田西戦
 ■決勝トーナメント1回戦・2回戦(2010/07/17現在)
 
第1シード服織に勝てず、敗者復活戦へ!
 決勝トーナメント1回戦・2回戦・3回戦が7月17日(土)、東部体育館と長田南中で行われた。予選を勝ち抜いた18チームが、3枚の県大会切符をかけて熱戦を繰り広げ、今日でベスト4が決まった。
 西奈は、残念ながら4強に残れず、明日の敗者復活戦で最後の3枚目の県切符をかけて、まずは大里と対戦する。
 
【決勝T2回戦】 ○西奈VS中島 2-0(25-5、25-23)
 Fブロック2位通過となった西奈は、Gブロック2位の第8シード中島と1回戦を戦った。これまでも負けていない相性のいい中島に、2セット目は少してこずったが、終わってみれば2-0とストレートで下した。
 
【決勝T3回戦】 ●西奈VS服織 0-2(15-25、19-25)
 4強をかけた3回戦は第1シード服織が相手。これまでも勝てたことがない。1セット目は簡単に1-25で落とす。2セット目には、拾い捲る西奈らしさがでて、終盤まで粘ったが、最後は19-25で落とし、ストレートで敗れた。
 これで、西奈は敗者復活戦に最後の県切符の夢をたくす。ただし、県切符を手に入れるためには、敗者戦で3連勝が必要となる。初戦の相手は大里、次は第5シードの高松か?

《保護者コメント》
 今日の試合は、「西奈らしさ」がでていた。チームには、後輩のサポートがあり、応援席には、卒業した先輩達、友達、男バレ部員、父兄に先生方も応援に参加し、声がかすれるまで、励まし、勇気付けてくれた。
 その声を大きな力に変え挑んだ2回戦は、惜しくも接戦で敗れてしまったものの、笑みのあふれる素晴らしい試合だった。
 応援してくださった皆様ありがとうございます。子どもたちは、県大会に向けて、明日も頑張ることでしょう!
■写真集
 ■決勝トーナメント 1回戦はVS中島!(2010/07/13現在)
 
 決勝トーナメントは、7月17日(土)、18日(日)の2日間、東部体育館を中心に行われ、予選を勝ち抜いた18チームが、3枚の県大会切符をかけて熱戦を繰り広げる。

 Fブロック2位通過となった西奈は、第1シード服織、第8シード中島とシードが多い厳しいブロックに入った。初戦は、Gブロックの2位の中島と東部体育館で戦うが、この試合に勝てば、18日の最終日まで試合が続くことになる。中島とは直前の公式戦である6月の優勝大会の順位決定戦で対戦しており、そのときは2-0とストレートで下している相性のよい相手だ。

 ※予選の結果、決勝T組合せは、豊田中女子バレー部父母会から情報提供をいただきました。
 ■ブロック予選 2位通過!(2010/07/10現在)
 
▼笑顔で中体連初戦に臨む!
【ブロック予選1回戦】 ○西奈VS附属 2-0(25-3、25-6)
 7月10日、ブロック予選が始まった。西奈は第6シードで、ノーシードながら先の大会で優勝している強豪長田南と同じブロックに入った。ブロック3位までが来週の決勝T進出を決める。

 西奈は1回戦で、附属をわずか30分で2-0と下した。1番、4番、5番のスパイクや、サーブが面白いように決まり、附属にバレーをさせなかった。2セット目は、2年生もピンチサーバーで起用するなど、終始余裕を持った試合運びができていた。

【ブロック予選決勝】 ●西奈VS長田南 0-2(16-25、11-25)
 Fブロック決勝は、予想通り長田南と雌雄を決することになった。長田南は、3月まで西奈の校長だった野澤先生が校長なっていて、この日も応援に来ていた。

 試合は、上背のある長田南に終始主導権を握られ、本来西奈がすべき拾って拾って拾いまくるバレーを長田南にされてしまった。一方西奈は、小さなミスが続出、リズムの乗れず、シードながらノーシードの長田南の前に屈してしまった。
 これで、決勝トーナメントは2位で通過となり、厳しい組合せとなりそうだ。
■VS附属戦
■VS長田南戦
■予選リーグ組み合わせ
■大会展望
 
 静岡地区予選が7月10日(土)から始まる。今年も、女子は静岡地区の学校25チームが参加(昨年から1チーム増)。予選ブロックは、7ブロックに別れ、各ブロック4チーム中3チーム(又は3チーム中1チーム)が17日からの決勝Tへ進出する。
 決勝Tは18チームで争われ、上位3チームが県大会の切符を獲得する狭き関門となっている。(ちなみに男子はチーム数が少なく、静岡市全体での予選となっていて、そのためDチームが県大会へ出場できる)
 
 優勝争いは、服織、長田西、賤機、南の上位シードチームが中心となるが、シード漏れした長田南、美和もこれまでずっと4強の一角を占めていただけに侮れない。
 今年の西奈は、体格には恵まれていないが、3年生中心で、しかも昨年からのレギュラーがほとんどを占め、7年目の岡田監督の下、拾ってつなぐベレーを身上としている。これまでの四公式大会中、三大会で4強に入っていて、久々に県大会への期待が十分持てるチームに育ってきている。

 予選リーグは、シード漏れの長田南、附属、英和のブロックに入った。長田南以外に敵はなく、決勝T進出は確実、決勝Tをいい位置でで戦うためにも、長田南を倒して一位通過を果たしたい。
 決勝Tは、順当に行けば、4強をかけて、賤機と戦うことになりそうだ。ぜひ前回大会のリベンジを果たしたい。
▲このページのTOPに戻る
MENU 中体連TOP / 日程表 / 野球 / 陸上 / 卓球 / テニス / 男バス / 女バス / 男バレ / 女バレ / 美術 / 吹奏楽 / 個人参加
■ 当サイトに対するご意見、ご感想をお寄せください。  静岡市立西奈中学校PTA ■
Copyright 2002-2004 Shizuoka Nishina Junior High School PTA. All Rights Reserved
HOME | あいさつ | PTA活動 | 学校紹介 | 今月の予定 | 部活動 | 案内図 | 地域情報 | 掲示板&メール | リンク | サイトマップ