HOME > 部活動TOP >H23中体連 > 女子バスケット部
平成23年度中体連
[平成15年度] [平成16年度] [平成17年度] [平成18年度] [平成19年度] [平成20年度] [平成21年度] [平成22年度]
他校父母会の皆さんへ。西奈中以外の情報も大歓迎です。ぜひ送ってくださいこのHPにアップします!
■県大会出場を果たした女バス(2011/07/29、30)
 
目指せベスト16!
 戸田監督率いる女子バスケットボール部(陸上部からの助っ人を含む)が、西奈の団体競技では唯一、中体連の県大会出場を果たした。といっても残念ながら本業のバスケットボールではなく、戸田監督が専門とするハンドボールにオープン参加した。
 大会は、清水二、静岡東、袋井周南の3チームにオープン参加の田子浦、西奈を加えた5チームで争われる。
■7/29(金) 予選マッチ  ●西奈VS袋井周南 9-20 (清水総合運動場)
 予選マッチは袋井周南と対戦。試合は20分ハーフの前後半で争われた。前半、まだルールを完璧に覚えていない西奈が、本業の袋井周南の前に2-11と圧倒される。しかし、後半は、にわか仕込みといいながらも、バスケットにルールが似ているハンドに徐々に慣れ始め、西奈が脅威の粘りを見せ、7-9と大接戦。結局、敗れたが即席チームとしては大健闘と言えよう。
 
■7/30(土) 4位・5位決定戦 △西奈VS田子浦 9-9 清水総合運動場 4位・5位決定戦
 オープン参加同士の対戦となった4位・5位決定戦は、西奈がラスト10秒で田子浦に追いつき、引き分けの持ち込んだ。
 実力伯仲の対戦は、シーソーゲームとなり、前半は3-4と田子浦がリード。後半に入り西奈が連続得点を上げ、7-6と逆転する。しかし終盤ミスから残り1分で逆に7-9と2点差をつけられる。
 万事休すかと思ったが、ここから西奈が脅威の粘りを見せる。1点をあげ、さらにバスケットで培った持ち前のスタミナで走り回り、残り10秒、同点シュートが決まった。決まった瞬間、西奈ベンチに歓喜の輪が広がった。
■常葉貫録勝ち!準Vは大成!(2011/07/18)
 
目指せベスト16!
 7月18日(月)、最終日は北部体育館で準決勝、決勝、3位決定戦が行われ、常葉が大成を圧倒して優勝、強い常葉が帰ってきた。そのほか4位までの大里、長田西の県大会出場も決まった。
■決勝トーナメント(最終結果)
■決勝トーナメント1回戦 ●西奈VS末広 45-60!(2011/07/09)
 
目指せベスト16!
 先週の勝利の余韻が残る7月9日(土)、長田体育館で決勝Tが始まった。
 西奈はF組2位の末広と対戦。粘ったが45-60で涙を飲んだ。これで女バスの暑い夏は終わった。

《父母会コメント》
 試合は負けはしましたが、みんな力を出しつくし、やりきったという気持ちで中体連を終わることができたようです。
▼必死のディフェンス ▼攻め込む
■ブロック予選2日目 ○西奈VS中島 38-25!(2011/07/03)
 
目指せベスト16!
 7月3日(土)、男バスの勢いが女バスにも好影響、中体連ブロック予選最終日、西奈が中島を圧倒。久しぶりの公式戦勝利をあげ、Dブロック3位通過を決めた。

 必勝を期し白いユニフォームで登場した西奈は、体格でも、技術でも、赤のユニフォーム中島を上回り、序盤から一方的に攻め立てた。
 中島は双子のちびっ子選手が登場、よく走り回り会場を沸かせたが、この日の西奈は、相手のパスミスをつきボールを奪うとシュートもよく決まり、昨日の第1Qの健闘が試合を通して見られた。

 時折、戸田コーチの叱咤激励が会場に響き渡ったが、最後まで気を抜くことなく、中島の反撃を許さなかった。

 最終Qでは控えの選手も多く出場し、決勝トーナメントに向けて、試合感を養う余裕すらも見せた。
▼シュート練習 ▼先発メンバー
▼小さな子が多い中島メンバー ▼必死のディフェンス
▼ディフェンスをかわしシュートへ ▼ライン際を速攻で駆け上がる
▼速攻・・・ディフェンスを振り切る ▼速攻から一気にシュート
▼3Pシュート ▼コーチから指示
■予選リーグ



■ブロック予選初日 ●西奈VS豊田 17-63!(2011/07/02)
 
目指せベスト16!
 猛暑の7月2日(土)、女バスの中体連地区予選が長田体育館で始まった。

 西奈の初戦は第4シード豊田、胸を借りる試合となった。序盤の第1Q、第2Qは、4番栗田を中心に走りまっわた西奈が大善戦、ロースコアに持ち込んで、13-20とわずか7点差で後半に入る。

 しかし、ここから豊田の猛反撃が始まった。前半がんばった西奈は、疲れが見え始め、第3Q、豊田が立て続けにゴールを決め、西奈を突き放す。その後も、豊田は確実にシュートを決め、リバウンドも制し、終わってみれば17-63と一蹴されてしまった。

 しかし、前半の粘りは、明日の試合につながる評価できる内容だった。

 明日は、南部体育館で中島と対戦する。力が拮抗する相手だけに、勝って弾みをつけ、決勝Tに進みたいところだ。
▼シュート練習 ▼練習Tの刻まれた「心」
▼いざ試合に臨む!
▼ディ-フェンス、ディーフェンス ▼タイムアウトでしばしの休息
▼息の合った応援をする2年 ▼応援する1年・・・目線の先はゴール?
▼フリースロー3景(その1) ▼フリースロー3景(その2)
▼フリースロー3景(その3) ▼今日も元気に選手を引っ張る〜戸田コーチ
▼第4Q 意地のシュートが決まった ▼「よくがんばった。胸を張れ」と堀校長
▼3年生勢ぞろい〜韓国語では「ファイティング」の図
■大会展望(2011/06/18現在)
 
目指せベスト16!
 7月2日(土)から中体連地区予選が始まる。静岡地区予選(葵区、駿河区)は、昨年より1校減の23校が参加し、ブロック予選、決勝トーナメントが繰り広げられ、県大会出場の4校が決まる。

 優勝争いは、今年も常葉(決勝Tから出場)がダントツのV候補。2位以下は実力が拮抗していて、どこが勝ち進んでもおかしくない団子状態。その中でも、長田西、大成、大里、豊田あたりが県大会の切符を争うことになりそうだ。

 予選リーグは決勝Tの組合せを決める試合で、7月2日、3日に6ブロックに別れ、長田体育館を中心に行われ、全チームが決勝Tへ進出する。
 西奈は、第4シード豊田と服織、中島と同じブロックとなった。服織には分が悪いが、公式戦未勝利の中島とは力も接近していて、勝てる試合になりそうだ。4月の中部選手権で公式戦初勝利をあげ、調子が上向いているだけに、中島に勝って弾みをつけて、決勝Tを戦いたいところだ!
▲このページのTOPに戻る
MENU 中体連TOP / 日程表 / 野球 / 陸上 / 卓球 / テニス / 男バス / 女バス / 男バレ / 女バレ / 美術 / 吹奏楽 / 個人参加
■ 当サイトに対するご意見、ご感想をお寄せください。  静岡市立西奈中学校PTA ■
Copyright 2002-2004 Shizuoka Nishina Junior High School PTA. All Rights Reserved
HOME | あいさつ | PTA活動 | 学校紹介 | 今月の予定 | 部活動 | 案内図 | 地域情報 | 掲示板&メール | リンク | サイトマップ