HOME > 部活動TOP >H30中体連 > 女子バレー部
平成30年度中体連
[H15] [H16] [H17] [H18] [H19] [H20] [H21] [H22] [H23] [H24] [H25] [H26] [H27]
[H28] [H29]
■決勝トーナメント(2018/07/07)
 
惜しくもシード竜爪に逆転負け!
 7月7日(土)、14日(土)の二日間、中央体育館ほかで決勝トーナメントが行われ、県大会に出場する3チームが決まる。

 7日(土)、予選リーグF組を2位通過した西奈は、
ベスト8をかけた1回戦で第4シード竜爪に挑戦した。

竜爪のホームグラウンドでの試合とあって、竜爪の大応援が駆けつけた。西奈も、下級生が負けじと声援を送る。

 第1セット、まだ体の温まっていない竜爪を尻目に西奈が好スタートを切った。サーブシーブがセッターにもどり、エース1番がスパイクを決め、8-3とリードする。しかし、シード竜爪もここから長身の3番を中心に反撃を開始、ついに15-16と逆転されてしまう。その後は、リズムを失った西奈は攻撃の形ができずずるずると失点し、17-25とこのセットを失う。

 続く第2セット、気持ちを切り替えた西奈が、小柄な3番、5番の好サーブや好レシーブで連続得点、1番のバックアタックも決まり、またしても9-4と大量リードを奪う。

 波に乗る西奈がこのまま押し切るかと思えたが、さすがシード校、終盤ミスが出た西奈を捕まえ19-19とついに追いつく。最後は竜爪エースの3番の攻撃力の前に、西奈は抗しきれず失点を重ね20-25と逆転で敗れてしまった。

 これまでの練習試合では歯が立たなかった相手だが、本番の中体連では最後まであきらめずに、シード竜爪を追い詰めた。後一歩及ばず、決勝トーナメント1回戦敗退となったが、最後の夏の大一番は素晴らし試合となった。
■決勝トーナメント
■決勝トーナメント
■予選L(2018/07/01)
 
大成、雙葉に勝って予選Lを2位通過!
 7月1日(日)から、3年生の集大成となる中体連が始まった。

 初日は7組に分かれ予選リーグが行われ、決勝トーナメントに出場する18チームが決まった。

 西奈は、Fブロック、第6シード大里、大成、雙葉と対戦。

 1回戦は大成を2-0のストレートで下し、さい先よいスタートを切った。
大成とは久しぶりの対戦で、最近の練習試合でも戦ったことがなく、どのくらい成長しているのかわからなかったた。西奈はいつものごとくスロースタートで先制を許したが、3番のサーブが何本か決まると、流れは完全に西奈に向いてきて、そのまま押し切った。

 Fブロック決勝ではシード大里と対戦。第1セット序盤は大里リードで始まったが、西奈が粘りを見せ追いつき、逆転する大健闘を見せる。
 ジュースまで持ち込まれる大接戦となったが、最後はシード校との経験の差か、逆転でこのセットを失った。

 第2セットになると、大里がシード校の力を見せはじめ、全員サーブが安定していて、よく拾われる。このセットは、集中力がなくなってしまったのか13点止まり、結果的にはストレートで敗れてしまった。

 2位決定となった雙葉戦は実力的には西奈が上かと思われたが、暑さと疲れが出てきたのか、サーブミスも目立ち、雙葉に第1セットを奪われる。その後は、接戦ながらも2セットを連取して、辛くも2-1で予選Lを2位で通過した。

 これで決勝Tでは、ベスト8をかけた1回戦で第4シード竜爪に挑戦することになった。
■予選リーグ

■写真集
■大会展望(2018/06/03)
 
最後の夏、目標はベスト8!
 7月1日(日)から、3年生の集大成となる中体連が始まる。

 大会は、葵区、駿河区から25チームが参加して、予選リーグ、決勝トーナメントを経て、3枚の県大会切符を争う。予選リーグA〜Cの上位2校、D〜Gの上位3校が決勝トーナメント(18校)へ進出。

 西奈は、Fブロック、第6シード大里、大成、雙葉と予選Lを争うことになった。目標はベスト8、まずは初戦の大成に勝って、決勝トーナメント進出を決めたい。
▲このページのTOPに戻る
MENU 中体連TOP / 野球 / 陸上 / 卓球 / テニス / 男バス / 女バス / 男バレ / 女バレ / 美術 / 吹奏楽 / 個人参加
■ 当サイトに対するご意見、ご感想をお寄せください。  静岡市立西奈中学校PTA ■
Copyright 2002- Shizuoka Nishina Junior High School PTA. All Rights Reserved
HOME | あいさつ | PTA活動 | 学校紹介 | 学校行事 | 部活動 | 案内図 | 地域情報 | リンク |