HOME > 部活動TOP >19中体連 > 男子バレー部
2019年度中体連
[H15] [H16] [H17年 [H18] [H19] [H20] [H21] [H22] [H23] [H24] [H25] [H26] [H27] [H28] [H29] [H30]
■県大会2・3回戦(2019/07/26)
 
初めてのベスト8!

 7月26日(金)、中体連県大会二日目は、このはなアリーナで、2回戦、3回戦が行われ、ベスト4が決まった。4強は浜松勢3、東部勢1となり、6月の県選手権と同じ顔ぶれとなった。

 静岡市代表は、静岡西奈、静岡賤機がそろってベスト8入りを果たしたが、静岡観山は16強で涙を飲んだ。

■2回戦は強豪浜松入野の逆転勝ち!

 西奈は、3回戦で浜松l湖西地区の4位の浜松入野と対戦した。浜松入野は身長のある主将の1番が攻守の要、西部勢だけあって手強い相手だった。

 第1セットは、序盤まで点の取り合いとなったが、5-4から入野エースの活躍で、一気に得点を重ねられ、あっという間に5-15と10点差をつけられてしまった。その後、西奈も粘りを見せたが、流れはつかめずこのセットを16-25で失う。

 これまでベスト8進出の経験がない西奈だったが、第2セットは見違えるような試合運びを見せた。序盤こそ競り合ったが、西奈エース1番と2番がここぞというところでスパイクを決め、10-9とこの試合初めてリードを奪う。

 その後は、サーブレシーブがセッターに戻り、センター攻撃やオープン攻撃が決まり始め、常にリードを奪う展開で、25-18とこのセットを奪いタイとした。

 第3セットは、1番同士のエース対決となった。中盤まで息詰まる接戦となったが、中盤以降、西奈がリズムをつかむ。17-17と同点に追いつかれたが、1番、2番の攻撃で、入野を突き放し、25-19と大逆転勝ちを収めた。

 これで西奈は、初めてのベスト8入りを決めた。

■3回戦は東部の雄・長泉に完敗!

 3回戦は東部地区の雄・長泉との対戦となった。第1セットこそ、19-25と粘りを見せたが、第2セットは緊張の糸が切れたのか、それとも疲れが出たのか、一方的な展開となり7-25で失い、ストレート負けを喫してしまった。

 それでも8強は、歴代の先輩たちが成し遂げることができなかった、西奈にとって初めての快挙であり、胸を張って帰ってきてほしい。

《保護者コメント》
 顧問の後藤先生、コーチの井上さん、1、2年生、応援してくれた皆様、ほんとにありがとうございました。
 県大会ベスト8という素晴らしい結果で終わる事が出来ました。子ども達の底力、一致団結、応援の力、本当に感動しました。

 子ども達、皆様の記憶にも記録にも残る大会でした。部活を通じて、努力、忍耐力、チームワーク、色んな“力”を学び成長する事ができたと思います。この経験を宝物の1つにして、これからも頑張ってほしいです。
 排球魂を後輩達にバトンタッチです。これからも西奈中男子バレー部のさらなる発展を期待します。

■決勝トーナメント
■写真集
■県大会1回戦(2019/07/25)
 
初戦は伊東南に圧勝!

 7月25日(木)、このはなアリーナで中体連県大会が開幕し、各地区を勝ち抜いた32チームがわずか3枚の東海大会切符を争った。大会初日は、1回戦16試合が行われ、ベスト16が決まった。

 6チームが出場した静岡地区勢は、静岡西奈と静岡賤機、静岡観山の3チームが初戦を突破、静岡1位の大成は沼津愛鷹に惜敗した。

 第4シードから静岡地区2位で県大会出場を果たした西奈は、初戦で伊東南(県選手権東部3位)と対戦した。

 西奈のサーブで試合が始まり、序盤は取ったり取られたりで試合が進み、一時リードされるも1セット目25-21で先取。 
  2セット目出だしは一進一退だったが、13点目あたりから相手のミスもあり西奈のペースになり25-17で勝利し、明日へ繋いだ。

  西奈の県大会での勝利は平成26年以来5年ぶりとなった。初のベスト8入りを目指し、最後まで全員で戦って欲しい!

 2回戦は7/26(金)このはなアリーナの第4試合で、強豪の浜松入野(県選手権西部5位)との対戦する。

■写真集
■県大会組合せ決まる(2019/07/18)
 
初戦は伊東南!目指せベスト8!

 7月25日(木)から27日(土)までの3日間、このはなアリーナで行われる中体連県大会の組合せが決まった。
 県大会には各地区を勝ち抜いた32チームが参加し、わずか3枚の東海大会切符を争う。

 優勝争いは、6月の県選手権で優勝した湖西岡崎、準優勝の浜松浜名、浜松庄内などの西部勢が中心となりそうだ。これに長泉などの東部勢が絡んでくる。毎年のことだが静岡地区をはじめ中部勢は今回も分が悪そうだ。

 第4シードから静岡地区2位で県大会出場を果たした西奈は、初戦で伊東南(県選手権東部3位)と対戦する。勝てば2回戦は強豪の浜松入野(県選手権西部5位)との対戦となりそうだ。

 今年こそは2回戦を突破し、初のベスト8入りを決めてほしい。今年は可能性は十分ある。

■決勝T最終日(2019/07/14)
 
6年ぶり3回目の準優勝!

     7月14日(日)、中央体育館でベスト8チームによる準決勝、決勝、順位決定戦が行われ、第2シード大成がみごと初優勝を飾った。第4シード西奈は第1シード賤機に完勝したものの、残念ながら準優勝に終わった。その他県大会に出場する5チームと志太榛原とのプレーオフに出場する1チームが決まった。

 この日は、朝から雨が降るあいにくの天気となったが、会場は多くの選手・部員、応援の保護者、友人が集まり、熱気に包まれた。

■準決勝は第1シード賤機に完勝!

 開会式直後の第1試合は男女の準決勝が行われた。
 西奈は第1シードの賤機と対戦、賤機とは、直前の優勝大会では敗れたものの、これまで公式戦で1勝1敗の互角の相手だ。

 賤機は、上背がなく圧倒的な攻撃力こそないが、拾ってつなぐ守備型のチーム。
 この日も、粘りに粘られた。第1セット序盤は、西奈のミスを突いて賤機がリード。それでも大型の選手をそろえ攻撃力に勝る西奈がすかさず逆転する。中盤までは15-14と一進一退の攻撃が続く。この日は5番がブロックに、サーブに大当たり、1番、2番のスパイクも決まり、終盤賤機を突き放し24-19とセットポイントを握る。

 しかし、ここから賤機の粘りに合い、西奈のミスも出て、5連続ポイントを許し、24-22と追いすがられる。それでも最後は2番のスパイクでこのセットをものにした。

 第2セットは西奈が常にリードする展開となる。一時は17-11と西奈が大量リードするが、賤機が拾いまくり、西奈のミスを誘って18-15となる。
 終盤は西奈が手堅く得点を重ね23-16と再び引き離す。しかし、勝ちを意識した西奈に固さが出たのか、サーブレシーブがセッターに戻らず、5連続失点を許し、あわやの展開となったが、ブロックポイントなどで最後は西奈が振り切った。

 得点こそ、競り合ったが、終始西奈がリードする余裕が見られた試合となった。

■決勝戦は大成に敗れ、またしても準優勝!

 決勝は第2シード大成と対戦した。大成は大柄な選手が多い攻撃型のチーム。
 第1セット目は、大成に点を取られるも、途中6点差から追いつき、追い越し、あと2点という所で、今度は大成に追いつかれ、逆転負けで落としてしまう。

 第2セットは、なかなか西奈はリズムに乗れない。何とか追いつこうと必死に頑張ったが、残念ながら最後まで追いつくことはできなかった。 大成のうまい攻撃にやられ、西奈は終始ペースをつかむことができず敗戦。

 平成24年、25年以来の6年ぶりの3回目の準優勝となった。

 しかし、西奈は4年連続の県大会出場となった。これまでの県大会での成績はベスト16止まりなので、今年はこれを破り、ベスト8を狙いたい!

《保護者コメント》
 中体連という集大成の大会の中、ここまでこれたのも、日頃からご指導くださった顧問の後藤先生や、1、2年まで副顧問をしてくださった佐藤先生、そして井上コーチ、いつも大きな声で応援してくれる後輩達のお陰だと感謝しています

 何よりも、子供達一人一人が自分と向き合い、常に努力を重ね諦めずに前へ進み続けた結果、チーム西奈全員で掴み取った準優勝だと思います。部活動で学んだ事、みんなで過ごした時間を忘れずに、また前へと進んでほしいと思います。

 3年間で大きく成長した姿や感動を与えてくれて、本当にありがとうございました。

 優勝出来なかったのはとても悔しかったですが、次の県大会へ向けて、早くも気持ちを切り替えてまた練習に励んでいます!さらに気持ちが入っているように見えますので、きっと彼らなら頑張ってくれると信じています!このメンバーで、少しで

 も長くバレーを出来る喜びを噛み締めて、一勝一勝勝ち進んでほしいです!!
 保護者も一致団結で応援頑張ります!!目指せ、県大会ベスト8!!

 

■決勝トーナメント
■写真集
▽開会式
▽準決勝 ○西奈 2-0 賤機
▽決勝 ●西奈 0-2 大成
■決勝T初日(2019/07/13)
 
連勝で4年連続県大会を決めた!
 7月13日(土)、予選リーグを勝ち抜いた16チームによる決勝トーナメントが清水庵原中ほかで始まった。
 初日は2回戦までが行われ、県大会に出場する4強が決まった。

 西奈は、末広、観山に連勝して4強入り、これで4年連続の県大会出場を決めた。なお、西奈はここ11年で9回目の出場となる快挙となった。

 1回戦は、末広と対戦。これまでの戦績から西奈有利の予想どおり、1セット目は西奈のミスも少なくワンセットを難なく取る。 2セット目は、サーブカットミスが続き、苦戦したが、持ち直し、終わってみればストレート勝ち。実力通りの結果となった。

 2回戦の相手は観山。毎年中体連には強豪チームを育ててくる、しかも西奈が苦手とするチームだ。
 直前の優勝大会では負けている手強い相手だ。予想どおり1セット目は、点を取ったり取られたり、一進一退の攻防を制し、西奈がワンセットを奪う。

 2セット目は、全員が一つにまとまった西奈が苦手j観山を圧倒、点差をつけてストレート勝ちした。 これで、西奈はうれしい県大会出場を決めた。

 明日(7/14)の準決勝の相手は、優勝大会の優勝チームで第1シード賤機と当たる。秋の市民大会では負けたが、今春の春季大会ではストレート勝ちしている。勝てば、西奈中にとって中体連史上初めての優勝が近づいてくる。

■写真集
 ■決勝T組合せ決まる(2019/07/08)
 
準々決勝の観山戦が山場!
 5.5枚の県大会出場切符を掛けた決勝トーナメントの組合せが決まった。ベスト8による決勝Tは7/13(土)、14(日)の二日間、中央体育館ほかで開催される。

 第4シード西奈は、1回戦C組3位の末広と対戦する。この試合はクリアできると思われるが、次の4強(県大会出場)を掛けたた準々決勝が大きな山場となる。一発で県大会出場を決めてほしい。


 7月13日(土)
  (清水庵原中会場)  1回戦   西奈―末広        準々決勝 西奈―観山or清水庵原
 ■予選L(2019/07/07)
 
難なく予選Lは首位通過!
  7月7日(日)から中体連予選リーグが始まった。初日は、6リーグに分かれて予選リーグが行われ、決勝Tに進む16チームが決まった。

 第4シード西奈は、ホーム西奈中で地元の大声援を受けて登場。清水飯田、清水七、豊田と対戦した。

 初戦は、実力的に勝る豊田と対戦した。2番もけがから復帰し、万全の体制で臨んだ。第1セットから西奈が猛攻を加える。対する豊田はサーブレシーブがセッターに戻らず、攻撃の形ができない。

 一方西奈も序盤はミスも多くもたつく。それでもキャプテン1番のサーブで連続得点を挙げ、一気に14-3とリードを奪う。
 西奈は5番のクイックも決まり、そのままミスの多い豊田を振り切って25-10と幸先のいいスタートを切った。

 続く第2セットは、3番と4番のコンビで先制スルも、立ち直った豊田に食い下がられ序盤は11-12と一進一退の攻防となった。しかし、力に勝る西奈は、このセットも1番のサーブが豊田のミスを誘い25-16と簡単にものした。

 2戦目は、Dリーグの1位を掛けて、清水七をストレートで破り波に乗る清水飯田と対戦した。
 手強い相手で、接戦になるかと思われたが、好調な2番、1番の活躍で簡単に2-0でストレート勝ちした。

 これで、Dリーグ1位で決勝トーナメント進出が決まった。決勝T1回戦は、Cリーグ3位と対戦する。これをクリアすると、県大会出場を掛けた大一番は苦手意識のある観山との対戦となりそうだ。
■予選リーグ
■予選リーグ
○西奈 2-0 豊田
○西奈 2-0 清水飯田
 ■大会展望(2019/06/10)
 
4年連続の県大会出場を狙う!
 7月7日(日)から中体連が始まる。市内3区から22チームが参加して、予選リーグ、決勝トーナメントを経て、最大6枚の県大会切符を争う。(6位は志太榛原3位とのプレーオフ進出)
 旧静岡市内で3枚の切符を争う女子に比べると恵まれている。
 
 優勝争いは、優勝大会上位の賤機、大成、南、西奈の4強が中心となる。

 西奈は、1月の春季大会で優勝、県新人戦、県選手権と2大会連続で県大会に出場を果たすなど、ここまで順調に来た。順当にいけば中体連県大会出場も堅いところだが、主力のけがもあり、このところ調子を崩しているのが気がかりだ。

 第4シード西奈の予選リーグは、Dリーグでホーム西奈中で清水飯田、清水七、豊田と対戦する。実力的には抜きんでているので、問題なく1位通過を果たしそうだ。

 決勝トーナメントは、2回戦の観山戦が山場となりそうだ。これに勝てば、4年連続の県大会出場が決まる。
▲このページのTOPに戻る
MENU 中体連TOP / 野球 / 陸上 / 卓球 / テニス / 男バス / 女バス / 男バレ / 女バレ / 美術 / 吹奏楽 / 個人参加
■ 当サイトに対するご意見、ご感想をお寄せください。  静岡市立西奈中学校PTA ■
Copyright 2002- Shizuoka Nishina Junior High School PTA. All Rights Reserved
HOME | あいさつ | PTA活動 | 学校紹介 | 学校行事 | 部活動 | 案内図 | 地域情報 | リンク |