HOME > 部活動TOP > 野球部 > 第42回県中学選抜野球大会
第42回 静岡県中学選抜野球大会
>>静岡県の中学野球 >>県選抜大会の歴史 33回 34回 35回 36回 37回 38回 39回 40回 41回
 【大会最終日】 決勝 (2012/03/21)
 
16強に橘、浜松三ヶ日、島田川根・北、伊東対馬、長田西!
 島田球場で21日行われた第42回県中学選抜野球大会決勝は、島田川根・島田北(中部推薦)が静岡籠上(静岡)を2―0で破り、合同チーム初の優勝を果たした。公立校の優勝は2004年の当時の相良以来8年ぶり。

 強い団結力を武器に、1980年に当時の川根が準優勝を果たして以来の快挙を達成した。初優勝の余韻に浸る間もなく、23日から全日本少年春季軟式野球大会に出場する。「次の目標は全国1勝」と鈴木啓主将。大きな自信を胸に新たな目標へ挑む。

 最優秀選手賞は中村慎平投手(島田川根・島田北)、敢闘賞は小山怜二捕手(静岡籠上)、打撃賞は通算11打数5安打の手嶋航平投手(常葉橘)が獲得した。

■決勝  
【島田】 島田川根・北一丸の頂点
静岡籠上   0000000―0
島田川根・北 000101×―2
【評】確実に好機をものにした島田川根・島田北が静岡籠上を下した。四回2死、四球の走者を一塁に置き、4番向井の右中間三塁打で先制。六回には1死から鈴木啓がワンバウンドで右翼手の頭を越すランニング本塁打を放ち、追加点を奪った。投げては、左腕中村が内外角の投げ分けで相手打線を揺さぶり2安打完封した。静岡籠上は六回無死一、二塁の好機をつぶしたのが痛かった。
静岡籠上―島田川根・島田北 
6回裏島田川根・島田北1死、
鈴木啓が右翼線にランニング本塁打を放つ
静岡籠上―島田川根・島田北 
5回裏のピンチを好守で切り抜け
ベンチ前でタッチをかわす静岡籠上ナイン
 【大会5日目】 準決勝 (2012/03/20)
 
16強に橘、浜松三ヶ日、島田川根・北、伊東対馬、長田西!
 3月20日(火) 準決勝が島田球場で行われた。

 大会史上初の四連覇を狙っていた常葉橘が、島田川根・北の中村投手にノーヒットノーランを喫した。前評判の高かった両校の争いは、投手戦となり、秋の中部新人戦を制した島田川根・島田北の合同チームが、常葉橘の夢を砕いた。今年の常葉橘は、上級生に怪我が多く、万全の体制ではなかった、秋の県新人戦、春の県選抜と2大会とも優勝できなかったには、本当に久しぶりだ。
 
 第2試合は浜松VS静岡の構図、大接戦となり無得点のまま延長へ、延長9回ついに静岡籠上が決勝点を上げ、この虎の子の1点を守り、粘る浜松曳馬を振り切った。
 
 決勝は明日21日、島田球場で行われる。   

■準決勝  
【島田】 粘りで奪った「押し出し」
中村ノーヒットノーラン
代走の足が生きた決勝点
常葉橘     000000―0
島田川根・北 000001×―1
静岡籠上 000000001―1
浜松曳馬 000000000―0
(延長9回)
【評】島田川根・島田北が中村の無安打無得点の好投で常葉橘に勝利した。 中村はコーナーを巧みに突く投球で凡打の山を築いた。四回に3四球から1死満塁のピンチを招いたが、落ち着いて後続を抑えた。 決勝点は六回。2四球と敵失で2死満塁とすると、天野が粘って四球を選び、押し出しで得点した。 常葉橘は狙い球を絞れず、飛球が目立った。手嶋は6回被安打2と好投したが、終盤、制球が乱れた。
【評】静岡籠上が接戦を制し、初の決勝進出を果たした。 再三の得点機を生かせなかった籠上は延長九回2死、代走松井を一塁に置き、4番酒井一が右中間へ適時二塁打。松井が一気に生還して決勝点を奪った。久保田―酒井一の継投で被安打2に抑えた。浜松曳馬は延長九回裏、先頭の1番三輪が右越え三塁打を放つ絶好の同点機を逃した。
 
常葉橘―島田川根・北 
6回表島田川根・北2死満塁、決勝点となる押し出しの
四球を選びガッツポーズで一塁に向かう天野
静岡籠上―浜松曳馬 
延長9回表静岡籠上2死一塁
酒井一の適時二塁打で本塁に生還する一走松井
 【大会4日目】 準々決勝4試合が行われ、4強決まる!(2012/03/18)
 
16強に橘、浜松三ヶ日、島田川根・北、伊東対馬、長田西!
 3月18日(日) 順延されていた準々決勝が4試合が行われた。
 
 第1試合の2試合はいずれも浜松VS中部の戦いとなったが前評判の高かった中部勢2校が勝ち進んだ。
 第2試合も中部勢が健闘!結果として、4強には、橘、籠上、島田川根・北の中部勢3校、浜松勢は曳馬1校が残った。

 準決勝は20日、島田球場で行われ、V候補同士の常葉橘と島田川根・北が激突する!
  

■準々決勝  
【島田】 島田川根・北初回の2点守る 【浜岡】 橘、三方原に快勝
浜松与進   0000100―1
島田川根・北 200000×―2
浜松三方原 0000000―0
常葉橘    200001×―3
【評】島田川根・島田北が初回の2点を守りきった。 川根・北は一回、四球と犠打失策で好機を作り、向井の三ゴロが敵失を誘い2点を先制した。その後は1安打に抑えられたが、主戦中村が走者を背負いながらも粘り強い投球で五回の1失点に封じた。浜松与進は花沢が13奪三振の力投も、初回の失点に泣いた。
【評】常葉橘が効果的に得点を重ね、浜松三方原を退けた。常葉橘は初回、敵失に2番手嶋の右前打、3番花房の犠飛などで2点を先制した。六回は、内野安打の手嶋が敵失と暴投の間に生還した。三方原は主戦中村が被安打4と好投したが、打線は1安打に抑えられて三塁を踏めなかった。
 
浜松対決曳馬4強  静岡籠上連続サヨナラ
浜松曳馬  0002001―3
浜松入野  0100010―2
掛川大須賀 0010000―0
静岡籠上   0010001―2
【評】浜松曳馬が粘る浜松入野を振り切り、接戦を制した。 1点を追う曳馬は四回、2死走者なしから山本、山口の連打で同点。さらに敵失で逆転した。六回に追い付かれたが、七回、3四球で満塁の好機を得ると、伊達が右前にしぶとく運び勝ち越した。入野は六回に追い付いたが、あと一歩及ばなかった。 【評】静岡籠上が勝負強さを発揮し、サヨナラ勝ち。籠上は1点を追う三回、二塁打の8番坪井が犠打で三進、1番堤の右ゴロの間に同点とした。七回は2四死球で2死一、二塁とし、暴投で二走久保田が生還した。掛川大須賀は6安打を放ったが、七回2死満塁の勝ち越し機を逸した。
浜松与進―島田川根・島田北 
1回裏島田川根・島田北1死二、三塁、
向井の三ゴロの間に本塁に滑り込み生還する鈴木啓

浜松三方原−常葉橘 
6回を完璧な内容で抑えた常葉橘の手嶋

浜松曳馬―浜松入野 
7回表浜松曳馬無死満塁、
決勝打となる右前適時打を放つ伊達
掛川大須賀―静岡籠上 
7回裏2死一、二塁、暴投の間に
一気に生還する2走久保田
 【大会3日目】 2回戦8試合が行われ、8強決まる!(2012/03/11)
 
16強に橘、浜松三ヶ日、島田川根・北、伊東対馬、長田西!
 
 雨で順延された2回戦8試合が行われ、ベスト8がきまった。
  
 この日も浜松勢が好調で、V候補の浜松三ケ日は掛川大須賀に足をすくわれたが、6チーム中4チームが勝ち名乗りをあげた。
 
 一方、静岡勢はこちらもV候補の常葉橘が長田西との静岡対戦を制した、また静岡籠上は浜松麁玉を延長で破り、浜松勢に一矢を報いた。
 
 しかし、東部勢はV候補の伊東対馬が、中部王者の島田川根・北に接戦で敗れ、東部勢はこの日ですべて姿を消してしまった。

■2回戦  
【島田】 浜松与進が投手戦制す 【浜岡】 島田川根・北1安打で勝利
浜松与進 000000000―0(1)
磐田竜洋 000000000―0(0)
※特別延長(10回)
島田川根・北 1000000―1
伊東対馬   0000000―0

【評】浜松与進は花沢、矢部の継投で得点を許さず、特別ルールの延長十回に内野ゴロで1点を奪うと、その裏は矢部が得点を許さず、接戦をものにした。磐田竜洋は山内、木元の好投を打線が援護できなかった。

【評】島田川根・島田北が1点を守り、1安打で勝利した。初回に鈴木啓の二塁打から無死満塁とし、向井の飛球が中前に落ち、二走が三封される間に先制した。左腕中村の丁寧な投球を、堅い守備でもり立てた。伊東対島は平野が力投したが、三、六回の同点機を逸した。

 
浜松入野が藤枝高洲下す 特別ルールで三方原が勝利
浜松入野 000200001―3
藤枝高洲 000011000―2
(延長9回)
浜松三方原002002101-6(5)
島田二   010000401-6(1)
※特別延長(10回)

【評】浜松入野が代打の一打で藤枝高洲との接戦を制した。 浜松入野は四回、八木田、高木の連打で2点先取した。五、六回に1点ずつ失い追い付かれたが、延長九回、代打鈴木惇の二塁打で勝ち越した。藤枝高洲は終盤の粘りも延長で力尽きた。

【評】浜松三方原が延長十回、特別ルールで島田二を退けた。三方原は三回に鈴木海が2点三塁打を放つなど、7本の長短打に小技を絡めて小刻みに加点した。島田二は松原の3点二塁打などで4点差を追い付き、九回は鈴木航が同点打を放った。

 
静岡籠上サヨナラ勝ち 機動力生かし浜松曳馬逆転
浜松麁玉 00010000―1
静岡籠上 01000001―2
 (延長8回)
焼津大富 0100000―1
浜松曳馬 022000×―4

【評】静岡籠上が延長の末、浜松麁玉にサヨナラ勝ちした。 静岡籠上は延長八回、酒井哲が中前打で出塁し、暴投で三進。2敬遠の後、由井が左中間にサヨナラ打を放ち試合を決めた。 浜松麁玉は八回に満塁の好機を生かせなかったのが痛かった。

【評】浜松曳馬が機動力を生かし、2回、3回に2点ずつを上げ、焼津大富に逆転勝ちした。
 焼津大富は2回に1点を先行したがあとが続かなかった。
 
【焼津】 常葉橘 1年生手嶋が完封
静岡長田西 0000000―0
常葉橘  200000×―2

【評】常葉橘が先制点を守りきった。常葉橘は初回、2死二、三塁から塩津が中越え二塁打を放ち、2点を奪った。1年生左腕手嶋は9奪三振の力投で完封した。長田西は主戦服部が二回以降好投したが、四回2死満塁の好機を逃したのが響いた。

 
大須賀、三ケ日破り8強
掛川大須賀 1100000―2
浜松三ヶ日 0000000―0

【評】掛川大須賀が継投で、浜松三ケ日に競り勝った。 大須賀は初回に先制し、二回も土屋皆の右翼線適時二塁打で加点した。 先発の河原崎を鈴木勝が好救援し、完封勝ちした。三ケ日は四、七回と好機をつくったが、適時打が出なかった。

 
浜松麁玉―静岡籠上 
延長8回裏籠上2死満塁、サヨナラの適時打を放ち
両手を広げてナインの元へ駆け寄る由井
島田川根・島田北―伊東対島 
2安打完封の好投を見せた島田川根・島田北の中村
掛川大須賀―浜松三ケ日 
初回二ゴロで生還する大須賀の太田
 【大会2日目】 1回戦残り8試合が行われ、16強決まる!(2012/03/04)
 
いよいよ明日開幕!静岡新聞でチーム紹介掲載
 大会2日目の3日、曇り空の中、1回戦残り8試合が、島田、焼津、浜岡球場行われた。
 
 注目の浜松三ヶ日VS静岡安倍川の対戦は、秋の県新人戦を制し、全軟春季全国大会に出場する三ヶ日が貫録勝ちした。一方、全軟春季全国大会に開催地枠で出場する沼津門池は延長の末、掛川大須賀に足をすくわれた。 そのほか、静岡籠上、藤枝高洲がコールド勝ちを収めた。
 
 これで16強が出揃ったが、浜松、静岡地区勢が今年も強く、浜松地区代表の5校すべてが一回戦を突破、静岡地区代表も4校中3校が2回戦へ駒を進めた。

■1回戦  
【島田】 藤枝高洲、4回に一挙6点 【浜岡】 浜松入野、走って逆転
裾野東  00000―0
藤枝高洲 0016×―7
(5回コールド)
吉田    0020000―2
浜松入野 002011×―4
【評】藤枝高洲が集中打で裾野東にコールド勝ちした。四回に6番赤堀のチーム初安打を皮切りに4連打。田島のスクイズも決まり、一気に6点を奪った。投げてはうし米が2安打完封。裾野東は2度のバント失敗で走者を送れないなど拙攻が響いた。
【評】浜松入野が吉田に逆転勝ちした。入野は三回、四球と敵失に盗塁を絡めて走者を進め、大窪の左前適時打で2者が生還した。五、六回にも小刻みに加点した。吉田は三回に4番大村の適時打で先行したが、及ばなかった。
 
浜松曳馬競り勝つ 掛川大須賀、延長戦制す
三島南   0000000―0
浜松曳馬 000100×―1
掛川大須賀 000020101―4
沼津門池   000030000―3
(延長9回)
【評】浜松曳馬が三島南に競り勝った。 浜松曳馬は初回、三輪が左中間に二塁打を放つも得点ならず。四回、大石が右中間二塁打を放ち、敵失で生還し先制した。三島南は相手を上回る6安打を放ちながら好機を生かせず、無得点に終わった。
【評】掛川大須賀が延長戦を制した。大須賀は五回、3番鳥山のスクイズなどで2点を挙げた。延長九回に4番鈴木勝の適時二塁打で決勝点を奪い、河原崎、鈴木勝の継投で逃げ切った。沼津門池は一時逆転したが、11残塁と得点機を逸した。
 
浜松三ケ日、6回に猛攻 浜松麁玉、1点を守る
浜松三ケ日 0001030―4
静岡安倍川 0000101―2
沼津三   0000000―0
浜松麁玉 001000×―1

【評】浜松三ケ日が粘る静岡安倍川を振り切った。 同点の六回、浜松三ケ日は外山雄の適時打、清水の右中間三塁打などで3点を奪い、突き放した。静岡安倍川は五回に同点に追い付き、七回も1点を奪う粘りを見せたが及ばなかった。

【評】浜松麁玉が最少得点を手堅く守りきった。 麁玉は三回、敵失で出塁した戸田が盗塁などで三進し、敵失の間に生還した。主戦鈴木駿は低めに丁寧に集めて完封した。 沼津三は4安打したが三塁を踏めなかった。

 
【焼津】 延長特別、焼津大富が勝つ
焼津大富 100010000-2(5)
長泉    000020000-2(4)
※特別延長 
【評】焼津大富が延長十回、特別ルールで長泉を振り切った。大富は一、五回の無死二塁でいずれも犠打を重ねて得点した。長泉は先頭打者が4度出塁したが、強攻策に徹した。五回は大嶋、高村の長打で2点を挙げた。
 
静岡籠上、小技で崩す
静岡籠上    300202―7
富士宮大富士 000000―0
 (6回コールド)
【評】8盗塁した静岡籠上の走塁が際立った。籠上は初回、富士宮大富士守備陣の不安定な立ち上がりを小技で崩して3点を先制。四回は重盗などで追加点を挙げた。大富士は籠上の久保田、酒井一の継投に無安打に抑えられた。
裾野東―藤枝高洲 
4回裏藤枝高洲1死一、三塁、三塁打を放った
主戦が塁上でガッツポーズ
浜松入野―吉田 
3回裏2死二、三塁、3番大窪の二塁打で
二走の望月が生還して同点とした
 【大会1日目】 1回戦8試合が行われ、東海大翔洋が敗れる波乱!(2012/03/03)
 
いよいよ明日開幕!静岡新聞でチーム紹介掲載
 大会1日目の3日、島田球場で開会式を行った後、島田、焼津、浜岡球場で1回戦8試合が行われた。

 秋の東部覇者・伊東対島(東部推薦)は、前年準優勝の東海大翔洋(清水)をサヨナラで下した。4連覇を狙う常葉橘(静岡)と島田川根・島田北(中部推薦)はともにコールド勝ちした。初出場の浜松与進(浜松)は清水興津(清水)を延長で振り切り、大会初勝利。

 大会第2日は4日、島田球場など3球場で残りの1回戦8試合を行う。
 

■1回戦  
【島田】 島田二が完封勝利 【焼津】 浜松三方原 好機生かす
吉原二 0000000―0
島田二 200000×―2
富士岳陽 0000000―0
浜松三方原 000010×―1
【評】島田二が主戦松原の投打の活躍で完封勝ちした。 島田二は初回、3番松原の適時三塁打で先制。続く鈴木航の犠飛で2点目を挙げた。松原は堅い守備にも助けられ、散発2安打に抑えた。富士吉原二は初回の失点が響いた。
【評】少ない好機を生かした浜松三方原が富士岳陽を退けた。浜松三方原は五回、二死から9番原田の中前打と失策に乗じて鈴木章が生還。決勝の1点を挙げた。富士岳陽はたびたび得点圏に走者を進めたが、相手の好守に阻まれた。
 
常葉橘コールド発進 伊東対馬 翔洋を撃破
常葉橘 202103―8
伊豆天城 000000―0
 (6回コールド)

東海大翔洋 0000100―1
伊東対馬 1000001×―2

【評】常葉橘は長打に足を絡め、伊豆天城を寄せ付けなかった。 常葉橘の主戦手嶋は三回、六回に三塁打を放ちいずれも生還。投げては6回途中を無安打と攻守で活躍した。伊豆天城は打線が沈黙。六回に失策、四球で得た満塁の好機も生かせなかった。 【評】終盤に粘りを見せた伊東対島が、東海大翔洋にサヨナラ勝ちした。伊東対島は同点で迎えた七回裏、2死から三塁打を放った平野が、原の内野安打で生還し、試合を決めた。東海大翔洋は好機をつくれず、五回に1点を返すにとどまった。
 
島田川根・島田北が圧勝 磐田竜洋が着実に加点
掛川栄川 00001―1
島田川根・北 22031×―8
 (5回コールド)
磐田竜洋 002023―7
伊東南 000000―0
 (6回コールド)

【評】島田川根・島田北の合同チームがコールドで圧勝した。隙を見逃さない走塁が光った。一回、1死二塁からバント安打で二走が一気に生還。その後も四死球で走者をため、少ない安打で確実に得点につなげた。掛川栄川は五回に1点返すにとどまった。

【評】着実に加点した磐田竜洋が伊東南にコールド勝ちした。磐田竜洋は三回、4番鈴木啓の三塁打で2点を先制すると、五回に2点、六回には犠打や失策などで3点を奪い、突き放した。伊東南は打線が振るわず、1安打に終わった。

 
【浜岡】 静岡長田西が磐田南部下す

静岡長田西 1010001―3
磐田南部  0000000―0

【評】静岡長田西が小刻みに得点を重ね、磐田南部を退けた。 初回に先制した長田西は、三回に松下、筒井の連続安打で走者をため、3番岩崎海の右前適時打で加点した。 磐田南部は主戦密岡が6四死球と制球に苦しみ、打線も散発2安打に抑えられた。 
 
浜松与進初陣を飾る
浜松与進 00000001―1
清水興津 00000000―0
 (延長8回)
【評】浜松与進が延長戦で清水興津を下した。与進は延長八回、四球と花沢の二塁打で1死二、三塁と攻め、2番手塚のスクイズで決勝点を奪った。興津は主戦志村が7回を無安打に抑えたが、2番手千田が八回につかまった。
清水興津を破り大会初勝利を収めた浜松与進ナイン 東海大翔洋―伊東対島 
7回裏伊東対島2死三塁、原の内野安打により
三走の平野(左)が生還。決勝点となった
 ■いよいよ明日開幕!静岡新聞でチーム紹介掲載 (2012/03/02)
 
いよいよ明日開幕!静岡新聞でチーム紹介掲載 
 春の県王座を争う第42回県中学選抜野球大会(県野球連盟、静岡新聞社・静岡放送主催、県信用金庫協会協賛)は3日、開幕する。島田、焼津、浜岡の3球場を舞台に、地区予選を勝ち抜いた32チームが熱戦を展開する。決勝は18日午後1時から島田球場で行う。

 優勝争いは秋の県王者の浜松三ケ日(西部推薦)と常葉橘(静岡)が中心となりそう。2度の優勝経験を持つ三ケ日は主戦夏目を中心とした投手陣がチームをけん引。基本に忠実な野球で、接戦に競り勝つ勝負強さが光る。

 橘は主軸にけが人を多数抱えるが、総合力の高さを武器に史上初の4連覇に挑む。24日開幕の全日本少年春季軟式野球大会に出場する伊東対島(東部推薦)と、昨秋の県新人大会準優勝の静岡長田西(静岡)が両校に待ったをかける。対島は打線のつながりが最大の魅力。

 長田西は安定感抜群の主戦服部が試合をつくる。橘と並び最多3度の優勝を誇る東海大翔洋(清水)や、投手力の光る三島南(三島)、粘り強さに定評のある磐田南部(磐周)なども虎視沈々(たんたん)と優勝を狙う。

 裾野東(駿東)と静岡籠上(静岡)はともに34年ぶりの出場ながら実力は十分。好投手の左腕花沢を擁する浜松与進(浜松)と、島田川根・島田北合同チーム(中部推薦)の初出場2チームの戦いぶりにも注目したい。

 開会式は3日午前9時から島田球場(雨天時は島田市民会館)で行う。選手宣誓は磐田竜洋(磐周)の鈴木開斗主将が務める。(3/2「静岡新聞」)
 
 ■組合せ決まる!伊東対島と東海人翔洋の対戦は1回戦屈指の好カード (2012/01/24)
 
 いよいよ明日開幕!静岡新聞でチーム紹介掲載

 3日開幕の第42回県中学選抜野球大会(県野球連盟、静岡新聞社・静岡放送主催)の組み合わせ抽選会が23目、参加32チームの主将らが集い、静岡市駿河区の静岡新聞放送会館で開かれた。島田球場で行われる開幕戦は島田二(島田)と富士吉原二(富士)が対戦する。選手宣誓は磐田竜洋(磐周)の鈴木開斗主将が務める。

 秋の県王者の浜松三ケ日(西部推薦)と静岡安倍川(前年優勝地区)、ともに好投手を擁する静岡清水興津(清水)と浜松与進(浜松)の試合も注目が集まる。

 史上初の4連覇を目指す常葉橘(静岡)をはじめ、投手力に定評のある三島南(三島)、初出場する島田川根・島田北(中部推薦)の合同チームも力がある。

 選手宣誓の大役を引き当てた鈴木主将は 一緊張に負けず堂々と宣誓したい。一つでも多くの勝ち星を挙げたい」と抱負を語った。 大会は島田、浜岡、焼津の3球場を舞台に6日間の日程で熱戦を繰り広げる。決勝は3月18日午後1時から、島田球場で行う。

 秋の新人戦東部1位の伊東対島(東部推薦)と出場18回の東海人翔洋(清水)の対戦は1回戦屈指の好カード。伊東対島は全日本少年春季軟式野球大会の出場を決めているだけに、総合力の高さが光る翔洋との一戦は好勝負が期待される。
 
 ■第42回選抜大会の出場校決まる! 西奈4年連続で出場は出来なかった! (2012/01/12)
 
 いよいよ明日開幕!静岡新聞でチーム紹介掲載

 第42回県中学選抜野球(県野球連盟、静岡新聞社・静岡放送主催)出場の32チームがこのほど決まった。史上初の4連覇を目指す常葉橘、昨年準優勝の東海大翔洋などが春の王座を争う。
 組み合わせ抽選会は1月23日。3月3日に島田、浜岡、焼津球場で開幕する。決勝は同18日に島田球場で行われる。

 初出場は、島田川根・島田北の合同チームと浜松与進。最多出場は浜松三ケ日2年ぶり23度目、東海大翔洋は3年連続、三島南が2年連続でともに18度目。藤枝高洲が2年ぶり17度目で続く。連続出場は常葉橘の8年連続8度目、裾野東と静岡籠上は34年ぶりの出場となる。

 残念ながら西奈は4年連続で県選抜大会の出場を逃した。

 

■出場校    >>歴代出場校はこちらから

地区 出場校 出場回数 地区 出場校 出場回数
前年優勝 静岡安倍川⑧ 2年ぶり8回目 焼津 焼津大富⑩ 3年連続10回目
東豆 伊東南⑭ 2年連続14回目 藤枝 藤枝高洲⑰ 2年ぶり17回目
田方 伊豆天城③ 10年ぶり3回目 島田 島田二⑭ 3年ぶり14回目
三島 三島南⑱ 2年連続18回目 榛原 吉田⑧ 11年ぶり8回目
駿東 長泉⑪ 4年ぶり11回目 小笠 掛川大須賀④ 11年ぶり4回目
裾野東② 34年ぶり2回目 掛川 掛川栄川⑤ 10年ぶり5回目
沼津 沼津門池⑤ 4年ぶり5回目
沼津三⑪ 2年ぶり11回目 磐周 磐田竜洋⑥ 16年ぶり6回目
富士 富士吉原二⑩ 2年連続10回目 磐田南部⑤ 4年ぶり5回目
富士岳陽⑤ 3年ぶり5回目
富士宮 富士宮大富士② 2年連続2回目
清水 東海大翔洋⑱ 9年連続18回目 浜松 浜松麁玉⑦ 5年ぶり7回目
清水興津⑦ 2年連続7回目 浜松入野⑪ 2年ぶり11回目
浜松三方原③ 2年ぶり3回目
浜松与進① 初出場
静岡 静岡籠上④ 34年ぶり4回目 浜松曳馬② 2年連続2回目
静岡長田西⑬ 2年ぶり13回目
常葉橘⑧ 8年連続8回目 東部推薦 伊東対馬⑥ 7年ぶり6回目
中部推薦 島田川根・北① 初出場
西部推薦 浜松三ケ日23 2年ぶり23回目
▲このページのTOPに戻る
MENU 野球 陸上 卓球 テニス 男バス 女バス 男バレ 女バレ ブラバン 美術
■ 当サイトに対するご意見、ご感想をお寄せください。  静岡市立西奈中学校PTA ■
Copyright 2002-2004 Shizuoka Nishina Junior High School PTA. All Rights Reserved
HOME | あいさつ | PTA活動 | 学校紹介 | 今月の予定 | 部活動 | 案内図 | 地域情報 | 掲示板&メール | リンク | サイトマップ