HOME > 部活動TOP > 野球部 > H30静岡地区野球新人戦
平成30年度
静岡市民静岡地区中学軟式野球大会(新人戦)
静岡地区中学野球の公式戦 育成大会
H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25
H26
H27
H28 H29
1回戦 2回戦 2回戦 優勝 1回戦 優勝 1回戦 1回戦
1回戦
8強 1回戦
2回戦
1回戦
準優勝 2回戦 優勝
■3位決定戦(2018/10/13)
 
悔しい4位~南に雪辱を許す!
△4回裏 逆転を狙いスクイズで本塁へ突っ込むもタッチアウト
 涼しい野球日和の天候となった10月13日(土)、橘諏訪球場で決勝、3位決定戦が行われ、安東がみごと優勝を飾り、来春の県選抜大会への出場権を獲得した。

 優勝を狙っていた竜爪・西奈は、地元の井上監督率いる南と3位決定戦で対戦。先の育成大会では完勝している相手だったが、準決勝に続く惜敗で、よもやの4位に終わった。

 試合は、竜爪・西奈が押し気味に試合を進める。1回裏、2番和田がヒットで出塁、すかさず盗塁すると、3番後藤がきっちり送り、5番寺田がセンター前にはじき返し、絵に描いたような先制点を挙げた。
 
 3回裏にも、和田のヒットと2四球で南を攻めたが、盗塁死で追加点を奪えない。

 するとここまで好投していたエース永野が突如崩れる。2番から始まる4回表、2本の安打と送りバントで一死2・3塁とされると、まずスクイズで同点。さらに四球を与え一死満塁とピンチを広げると、8番に左中間を抜かれる二塁打でさらに2点を追加される。

 しかし、竜爪・西奈も負けてはいない。その裏、2四球と9番山形の送りバントで一死2・3塁とし、1番永野がセンターオーバーの走者一掃の三塁打を放ち、同点に追いつく。
押せ押せムードの竜爪・西奈は、さらに四球を得て一死1・3塁でスクイズ、三塁走者が惜しくも本塁タッチアウト。逆転のチャンスを逃がしてしまった。

 ピンチをしのいだ南は5回表、内野安打、四球で一死1・3塁とすると5番がレフト前にタイムりーを放ち、1点を追加した。これが結果的に試合を決める1点となった。

 その後、竜爪・西奈も粘る。最終回7回の裏には、エラーと2四球で2死満塁、一打サヨナラのチャンスを迎える。ここでバッターはこの日タイムリーを放っている1番永野、しかしここは三振に切って取られ万事休す。

 この日は、攻め手は12四球を得ながらも、あと一本が出なかった。また投げてはエース永野が9安打を許す苦しいピッチングとなり、南の雪辱を許す結果となった。

 この苦い経験を全国大会にもつながる次の大事な大会である中部新人戦に生かしてほしい。
▼スコア
▼ラインナップ
打順 選手 守備 打数 安打 四球 打点 盗塁
1 永野(竜)① 1 5 1 0 2 0
2 和田(竜)① 2 2 2 2 0 1
3 後藤(竜)② 4 0 0 2 0 1
4 小林(竜)② 6 3 0 1 0 0
5 寺田(竜)② 9 3 1 1 1 0
6 村田(西)① 7 4 0 0 0 0
7 井上(竜)① 5 0 0 4 0 0
8 通清水(西)① 3 1 0 2 0 0
9 山形(竜)② 8 1 0 0 0 0
PH 東野(竜)① 8 2 0 0 0 0
21 4 12 3 2
▼決勝
○安東 3-0 常葉大橘
▼3位決定戦
○南 4-3 竜爪・西奈
■組合せ
■写真集
■準決勝(2018/10/08)
 
大会二連覇ならず~まさかの逆転負け!
△5回 通清水の二塁打で2点目
 秋晴れの10月7日(月)、西ヶ谷球場で準決勝、5位決定戦が行われ、中部新人戦に出場する5チーム(常葉大橘、安東、竜爪・西奈、南、大里・安倍川)が 決まった。
 
 竜爪・西奈は決勝進出をかけて安東と対戦した。8月の育成大会では8-0とコールドで下している相手だが、この日は好投する安東エースに苦しんだ。

 先制したのは竜爪・西奈。2回表、4番の和田の内野安打と寺田の送りバントで一死3塁とすると6番村田がしぶとく内野にゴロを転がすこの間に和田がホームインして幸先よく先制した。

 竜爪・西奈は1年生エース永野がこの日も好投、4回二死まで完全試合ペース、しかし安東3番にレフト線を破る3塁打を許すと、続く4番にもタイムリーを打たれ同点とされてしまう。

 竜爪・西奈は押し気味に試合を進め、5回には先頭8番通清水の左中間を破る二塁打を足がかりに、1番永野のセンター前タイムリーで勝ち越す。その後は、安東捕手の強肩に阻まれ、盗塁死を繰り返し、追加点を奪えない。
 
 すると最終回安東の反撃に遭う。無死から3番にこの日2本目の三塁打を許すと、4番が四球を選ぶ。無死1・3塁からダブルスチール、キャッチャーの二塁送球がセンターに転がる間に三塁走者がホームイン、与えてはいけない点を与えてしまった。

 延長特別ルールの8回、無死満塁で竜爪・西奈は上位打線がいずれもフライを上げ、まさかの無得点。一方、押せ押せムードの安東は先頭打者の内野ゴロの間にサヨナラの走者がホームイン、育成大会の雪辱を果たした。

 竜爪・西奈はエース永野が安東を3安打1四球に抑えたが、打線が安東エースに4安打に押さえ込まれ、まさかの準決勝敗退、大会二連覇はならなかった。

 この大会での県選抜大会切符の獲得はならなかったが、中部新人戦で雪辱を果たし、県選抜切符と文部科学大臣杯切符を手にしてほしい。
▼スコア
 ※8回延長特別ルール 0-1×
▼ラインナップ
打順 選手 守備 打数 安打 四球 打点 盗塁
1 永野(竜)① 1 3 1 0 1 0
2 小林(竜)② 6 2 0 1 0 1
3 後藤(竜)② 4 3 0 0 0 0
4 和田(竜)① 2 2 1 1 0 0
5 寺田(竜)② 9 0 0 2 0 1
6 村田(西)① 7 2 1 0 1 0
7 井上(竜)① 5 1 0 0 0 0
8 通清水(西)① 3 3 1 0 0 0
9 山形(竜)② 8 2 0 0 0 0
18 4 4 2 2
▼準決勝
●竜爪・西奈 2(0)-2(1) 安東
○常葉大橘 10-2 南
▼5位決定戦
○大里・安倍川 5-3 長田南
■写真集
△2回表 先制タイムリーを放つ村田
△先制のホームイン
■5位決定1回戦(2018/10/07)
 
5位決定戦は大里・安倍川と長田南!
 10月7日(日)、快晴となった西ヶ谷球場で、中部新人戦の5枚目の切符を争う5位決定戦1回戦2試合が行われ、大里・安倍川、長田南が5位決定戦に駒を進めた。

 明日10月8日(月)は西ヶ谷球場で5位決定戦と準決勝が行われる。竜爪・西奈は第2試合で安東と対戦する。先の育成大会ではコールドで下した相手だ。
 
●東豊田1-3大里安倍川 ○長田南10-0服織美和※5回コールド
■2回戦(2018/10/06)
 
投打がかみ合い、東豊田に圧勝!
 雨がやんですがすがしい天候となった10月6日(土)、新人戦2回戦が竜爪中Gほかで行われ、竜爪・西奈、安東、常葉大橘、南がベスト4に駒を進め、中部新人戦への出場権も獲得した。

 ホーム竜爪中Gで迎えた2回戦は東豊田と対戦した。竜爪・西奈は永野-和田の1年生黄金バッテリーが先発。 東豊田の先発は背番号1の大型右腕、オーソドックスなフォームからストレート、カーブを投げ分ける。特にカーブはコントロールもよくなかなか打てそうにない。

 先制したのは竜爪・西奈、1回裏、相手エースの立ち上がりを攻めた。1番永野が死球で出塁、すかさず二盗。2番小林がきっちり送るとこれがヒットとなり無死1・3塁とチャンスを広げる。ここで3番後藤が初球にきっちりスクイズを決め、あっという間に1点を先制する。さらに4番和田が右中間を抜くタイムリー二塁打で2点目をあげる。

 その後は、立ち直った東豊田エースのカーブに苦しんだが、4回裏、追加点を挙げる。4番和田がエラーで出塁し、5番井上がきっちり送り、無死2塁。ここで7番村田のゴロは三遊間をしぶとく抜き、2塁ランナーがホームインする。

 6回には5番寺田が四球で出ると、村田の内野ゴロの間に好走塁で3塁を陥れる。7番井上が四球を「選び、盗塁を企て、この間に3塁走者・寺田がホームインし、試合を決める4点目をあげた。

 投げては永野がややサイド気味から力のあるストレートを投げ込み、気持ちも強く大崩れしないピッチングで東豊田打線を6回のホームランの1点に押さえ込んだ。

 この日は勝因は、3安打と少ない安打の中でも、バントをきっちり決め、得点につなげることができたことだと思う。

 これで、2年連続の中部新人戦出場を決めた。

▼スコア
 
▼ラインナップ
打順 選手 守備 打数 安打 四球 打点 盗塁
1 永野(竜)① 1 1 0 1 0 1
2 小林(竜)② 6 3 1 0 0 0
3 後藤(竜)② 4 1 0 1 1 0
4 和田(竜)① 2 3 1 0 1 0
5 寺田(竜)② 9 0 0 1 0 0
6 村田(西)① 7 2 1 0 1 1
7 井上(竜)① 5 1 0 1 0 0
8 通清水(西)① 3 2 0 0 0 0
9 山形(竜)② 8 1 0 1 0 0
15 3 5 3 2
 
▼1回戦の結果
○竜爪・西奈 4-1 東豊田
○南 7-2 服織・美和
●長田南 1(2)-1(3) 常葉大橘(8回特別延長)
○安東 13-1 大里・安倍川(5回コールド)
■写真集
■2回戦(2018/09/29)
 
台風の影響で2回戦は10/6に順延!
 
 9月29日(土)に予定されていた新人戦2回戦4試合は、雨のため10月6日、7日、8日の三連休に順延となった。
竜爪・西奈の2回戦・vs東豊田戦は10月6日(土) 9:00からホーム・竜爪中Gで行われる。
■2回戦(2018/09/29)
 
2回戦は東豊田!
 
 9月29日(土)、西ヶ谷球場ほかで新人戦2回戦4試合が行われる。
 竜爪・西奈は、橘諏訪Gの第2試合で東豊田と対戦する。東豊田は、竜爪・西奈が優勝した育成大会では地区予選で敗退しており、実力的にはル竜爪・西奈が一枚上手だ。
■1回戦(2018/09/22)
 
永野のHRなどで観山にコールド勝ち!
 
 秋晴れのすがすがしい天気となった9月23日(日)、西奈中Gほかで新人戦8試合が行われ、ベスト8が決まった。部員数不足で戦力が整わないチームが多く、コールドでの勝負が相次いだ。

 第1シード竜爪・西奈はホーム西奈中Gで観山と対戦。8月の東部大会では接戦で勝利したが、この日は竜爪・西奈が序盤から圧倒。永野のホームランなどで17-1とコールド勝ち、幸先のいいスタートを切った。

 竜爪・西奈は初回から猛攻を仕掛ける。1回表、先頭の永野が左中間に二塁打を放つと、2番小林もバンドヒットで続き無死1・3塁とチャンスを迎えた。ここで3番後藤の当たりはピッチャーのエラーを誘いまず1点を先制、続く4番和田のバンドヒットで2点目、5番井上のスクイズは外されたが、6番村田がレフト前に運ぶ、打者はアウトになったが走者がホームインし3点目、さらに犠牲バンドで幸先よく4点をあげた。

 続く2回にも、相手投手の制球の乱れをつき、得点を重ねる。この回先頭の1番永野がレフトオーバーのホームランを放つと、5つの四球に押し出し、ワイルドピッチ、内野安打などで4点を追加し、試合を決めた。しかし、盗塁失敗やエンドランの失敗もありちぐはぐな攻撃となった。

 4回表には、1番永野のレフトへの2点二塁打、7番寺田のセンターオーバーの2点三二塁打など打者一巡の猛攻で5安打を集中し、大量8点を上げた。

 攻めては13安打と打線が爆発したが、盗塁も多く足を使った攻撃や、バンドなどの小技もさえた。 守っては、永野、東野、和田の3人のリレーで観山打線を2安打1点に抑え、投打の歯車があった好試合となった。

 2回戦は、9月29日(土)、東豊田と対戦する

▼スコア
 
▼ラインナップ
打順 選手 守備 打数 安打 四球 打点 盗塁
1 永野(竜)① 1・5・6 4 4 1 3 2
2 小林(竜)② 6・8 3 1 1 1 1
3 後藤(竜)② 4・5 3 0 2 1 2
4 和田(竜)① 2・1 4 3 0 2 2
5 井上(竜)① 5 1 0 1 0 1
PH 東野(竜)① 1・3 1 0 1 0 0
6 村田(西)① 7・2 2 1 2 1 1
7 寺田(竜)② 9 2 2 1 5 1
8 通清水(西)① 3・4 3 1 1 1 0
9 山形(竜)② 8 2 1 1 1 2
PH 大畑(竜)① 1 0 0 0 0
佐藤(西)① 7 0 0 0 0 0
26 13 11 15 12
 
▼1回戦の結果
○常葉大橘 4-1 中島・豊田・城山
●東 0-7  大里・安倍川(5回コールド)
○服織・美和 9-2 高松(5回コールド)
○東豊田 7-1  城内
○竜爪・西奈 17-1  観山(5回コールド)
○長田南 8-1 長田西(5回コールド)
○安東 5-2 賤機・籠上
●末広 0-16 南(5回コールド)
■写真集
△2回表 永野のホームラン
△4回表 寺田3点タイムリー二塁打
oooo 00jo
04b7

b n
■1回戦(2018/09/22)
 
雨で開幕延期!9月22日(土)⇒23日(日)
 降雨のため、1回戦8試合全てが9/23(日)に順延となり、会場も変更されたった。
 竜爪・西奈は、ホーム西奈中会場の第1試合で観山と対戦する。
■組合せ
(城山中会場) (西奈中会場)
09:00 常葉大橘 vs 中島・豊田・城山
11:00 静岡東 vs 大里・安倍川
09:00 竜爪・西奈 vs 観 山
11:00 長田南 vs 長田西
(美和中会場) (賤機中会場)
09:00 服織・美和vs 高 松
11:00 東豊田 vs 城 内
09:00 安 東vs 賤機・籠上
11:00 末 広 vs 静岡南
■1回戦(2018/09/22)
 
9月22日(土)、新人戦が開幕!
 いよいよ明日、新人戦が開幕する。初日の9月22日(土)は1回戦8試合が行われ、ベスト8が決まる。
 竜爪・西奈は城山中会場の第2試合で観山と対戦する。
■組合せ
(大里中会場) (城山中会場)
09:00 静岡東 vs 大里・安倍川
11:00 長田南 vs 長田西
09:00 常葉大橘 vs 中島・豊田・城山 
11:00 竜爪・西奈 vs 観 山 
(美和中会場) (賤機中会場)
09:00 服織・美和vs 高 松
11:00 東豊田 vs 城 内
09:00 安 東vs 賤機・籠上
11:00 末 広 vs 静岡南
■組合せ決まる(2018/09/15)
 
連合チーム竜爪・西奈が連覇を狙う!
 来春の春季全国少年軟式野球大会、県中学選抜野球大会出場を目指し、平成30年度静岡地区中学野球大会の新人戦の組合せが9月11日に決まった。
 大会は、静岡地区の16チームが参加して9月22日に開幕、毎週土・日曜日に試合が行われ、10月7日に優勝校が決まる。

 今年は、連合チームが過去最多の5チームにのぼり、昨年より1チーム減の16チームと過去最少の大会となったが、優勝校には県中学選抜野球大会への出場権が与えられる。
 また上位5チームは中部新人戦(県新人戦を経て春季全国少年軟式野球大会の出場につながる)への出場権が与えられる。

 優勝争いは、8月の育成大会で圧勝した竜爪・西奈が頭ひとつリード、そこにシードの南、長田南、大里・安倍川、東が絡んできそうだ。しかし、どのチームも新チームになって部員減に悩んでいるので、1年生の成長が今後のの展開に大きな影響を与える。

 西奈は、今年も部員数が少なく、2年生0人、1年6人と今年も部員数が少なく、昨年に続き竜爪と連合チームを組んで大会に臨む。直前の育成大会に圧送して連覇しているので、この大会も、順当に勝利を重ねて、いの一番で県選抜大会の切符を手に入れておきたいところだ。
▲このページのTOPに戻る
MENU 野球 陸上 卓球 テニス 男バス 女バス 男バレ 女バレ ブラバン 美術
■ 当サイトに対するご意見、ご感想をお寄せください。  静岡市立西奈中学校PTA ■
Copyright 2002-2004 Shizuoka Nishina Junior High School PTA. All Rights Reserved
HOME | あいさつ | PTA活動 | 学校紹介 | 今月の予定 | 部活動 | 案内図 | 地域情報 | 掲示板&メール | リンク | サイトマップ