HOME > 部活動TOP > 野球部 > H30中部新人戦
平成30度
第39回中部地区中学校新人野球大会
静岡地区中学野球の公式戦 育成大会 新人戦
■西奈の中部新人戦の成績
H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28 H29
準優勝 不出場 1回戦
不出場 2回戦 不出場 不出場 不出場 不出場 不出場 不出場 不出場 1回戦
不出場 2回戦
■決勝&3位決定戦(2018/11/03)
 
安東に雪辱、県新人戦を決めた!
△2回表 6番村田(西)、先制のランニングホームラン

 はっきりしない天気となった11月3日(土)、西ヶ谷球場で決勝戦と3位決定戦が行われ、静岡翔洋が港・小川を下し、みごと大会3連覇を飾った。

 3位決定戦は、竜爪・西奈が安東に静岡地区新人戦のリベンジを果たし、最後の県新人戦切符を手にした。

 竜爪・西奈と安東の試合は、押し気味に進めた竜爪・西奈が2回に先制点を挙げた。一死後、この大会当たっている6番村田がセンターオーバーのランニングホームランを放ち、幸先よく1点を先制。

 4回にも、一死から4番永野がレフトオーバーの三塁打で出塁すると、5番井上の内野ゴロの間にホームイン、2点差をつけた。

 竜爪・西奈先発はエース永野、この日も安定したピッチングで安東打線を3回までノーヒットに抑える。

 しかし4回、この回先頭の2番に左中間に三塁打を許すと、3番をショートゴロに打ち取ったが、4番の内野ゴロの間に1点を返される。さらに5番にもヒットを与えピンチが続いたが、後続をしっかり切って取った。

 6回、竜爪・西奈に手痛いエラーが出て同点とされ、新人戦準決勝の嫌な展開が胸をよぎる。

 しかし、7回表、安東のミスに乗じて一挙3点をあげ試合を決めた。
 この回先頭の6番村田のこの日2本目のヒットと8番東野の送りバントで二死3塁と攻め立てる。9番山形の当たりは、浮き足立つ安東のエラーを誘い3点目。さらに1番和田のライト前ヒットを後逸、1塁走者が一気にホームインし4点目。2番小林の打席ではワイルドピッチで5点をあげた。

 投げては、エース永野が3安打完投し、新人戦準決勝の雪辱を果たした。

▼スコア
▼ラインナップ
打順 選手 守備 打数 安打 四球 打点 盗塁
1 和田(竜)@ 2 4 2 0 0 0
2 小林(竜)A 6 3 0 1 0 0
3 後藤(竜)A 4 3 2 0 0 1
4 永野(竜)@ 1 3 1 0 0 0
5 井上(竜)@ 5 3 0 0 1 0
6 村田(西)@ 7 3 2 0 1 0
7 寺田(竜)A 9 3 0 0 0 1
8 東野(竜)@ 3 2 0 0 0 0
9 山形(竜)A 8 3 0 0 0 0
27 7 1 2 2
▼決勝&3位決定戦
▽決勝戦
 静岡翔洋 2-0 焼津港・小川

 ※翔洋は大会三連覇!

▽3位決定戦
 静岡竜爪・西奈 5-2 静岡安東

※翔洋、港・小川、竜爪・西奈が県新人戦進出!
■組合せ
■写真集
△力投する両エース
△2回表 センターオーバーのランニングホームランを放った村田
△4回表、2点目を追加
△攻守に活躍した和田捕手
△7回表 3点目 △7回表 4点目
△7回表 5点目 △泰然自若の監督
△県新人戦への切符を手にしたナイン
■準決勝(2018/10/28)
 
2度追いつくも延長で惜敗!
△7回裏 6番村田(西)、起死回生の同点打

 10月28日(日)、雨で順延された準決勝2試合が大里中Gで行われ、静岡翔洋、焼津港・小川が決勝進出と県新人戦出場を決めた。

 竜爪・西奈は、焼津港・小川と対戦した。両チームともバッテリーが素晴らしく、息詰まる投手戦となった。港・小川のエースは大型の本格派右腕、オーバースローから力のある速球を投げ込む。対する竜爪・西奈もエース永野がコントロールよくリズムのあるピッチングで、港・小川打線を押さえ込む。3回までは、投手戦で、唯一3回裏の竜爪・西奈の9番東野のヒットのみで、両チームともヒットが出ない。

 4回表、試合が動いた。港・小川が、この回先頭の6番が四球を選ぶ、セオリー通り送りバントで一死2塁とする。永野が踏ん張り二死とするが、9番を討ち取った当たりが、運悪くレフト前にポテンヒットとなり、二塁ランナーが一気にホームイン。先制点を許す。

 6回までは、相手エースが力強い速球で竜爪・西奈打線を寄せ付けず、この1点が竜爪・西奈に重くのしかかり、敗戦ムードが漂った。

 しかし、あきらめない竜爪・西奈は7回裏に同点に追いつく。この回先頭の4番永野がレフト前ヒット、5番寺田の内野ゴロで一死2塁。ここでこの日西奈からただ一人先発出場した7番村田は簡単に2ストライクと追い込まれたが、前進守備の2塁の頭をタイムリーヒットで、辛くも同点に追いつき、延長特進ルールに入った。

 8回、無死満塁。まず一死を取ったが、1番にレフトオーバーの2塁打で2点を許す。さらに二死2・3塁から3番にレフト前に運ばれ3点目、4点目のランナーはレフトの好返球で間一髪アウト。

 8回裏、3点を追う竜爪・西奈は9番小林のライトライナーでダブルプレー。粘る竜爪・西奈は1番和田がライト前に2点タイムリーを放ち1点差。3番後藤が起死回生のライト線にポテンヒットで再び同点に追いついた。

 しかし粘りもここまで、9回表、先頭の4番を三塁ゴロ・ダブルプレーに取ったが、5番に二遊間を抜かれ2失点。これが決勝点となり、惜しくも県大会切符を獲得することはできなかった。

 最後の県切符を掛けて、11/3(土)、新人戦で逆転負けを喫した安東と3位決定戦を行う。

▼スコア
▼ラインナップ
打順 選手 守備 打数 安打 四球 打点 盗塁
1 和田(竜)@ 2 4 1 0 2 1
2 小林(竜)A 6 2 0 2 0 0
3 後藤(竜)A 4 4 1 0 1 0
4 永野(竜)@ 1 4 1 0 0 0
5 寺田(竜)A 9 3 0 0 0 0
6 村田(西)@ 7 4 1 0 1 0
7 井上(竜)@ 5 3 0 0 0 0
8 山形(竜)A 8 3 0 0 0 0
9 東野(竜)@ 3 2 1 0 0 0
29 5 2 4 1
▼準決勝の結果
○静岡翔洋 8-1 安東
●竜爪・西奈 1(3)-1(5) 港・小川
■写真集
△両エースの力投で息詰まる投手戦となった
△3回裏 初ヒットを放つ東野
△7回裏 同点のきっかけとなった永野のレフト前ヒット △7回裏 村田のタイムリーで同点のホームイン
△7回裏 起死回生の同点に大喜びの竜爪・西奈ベンチ
△延長8回裏 二死2・3塁から2点タイムリーの和田 △和田のタイムリーでこの回1点目
△和田のタイムリーでこの回2点目
△延長8回裏 二死1・2塁から2番後藤が値千金のライト前ヒットで振り出しに戻す!
△延長8回裏 同点のホームイン △延長8回裏 大喜びのお母さんたち
■大会二日目(2018/10/27)
 
準決勝は雨で10/28に順延!
 10月27日(土)に予定されていた準決勝2試合は雨のため、10月28日(日)に順延された。会場は大里中Gに変更。
 

 
 ▽準決勝(大里中G)
  09:00 安東 - 静岡翔洋
  11:00 竜爪・西奈 - 港・小川
■大会二日目(2018/10/21)
 
ベスト4は安東、翔洋、竜爪・西奈、港・小川!
 10月21日(日)、1、2回戦残りの3試合が相良中サブグラウンドで行われ、焼津港・小川が勝ち残り、ベスト4が出そろった。

 準決勝は10月27日(土)、草薙軟式球場で行われる。これに勝てば県新人戦への出場権獲得となる。

 竜爪・西奈の相手は、昨年1回戦で対戦した焼津港・小川と対戦する。今年も勝って、一発で県切符を手にしたい!

 
  
(相良中サブG)
  ▽1回戦  ○相良・牧之原 1-0 静岡南     ○港・小川 3-1 小島・両河内・蒲原
  ▽2回戦  ○港・小川 3-1 相良・牧之原
■大会初日(2018/10/20)
 
■1回戦
1回戦は延長で青島を倒す!
 秋晴れの野球日和となった10月20日(土)、県新人戦へにお切符を掛けた中部新人戦が開幕し、初日は3会場で1、2回戦が行われた。残る1会場は明日1、2j回戦が行われ、4強が出そろう。

 竜爪・西奈の1回戦は藤枝・大洲中Gで藤枝青島と戦った。1日2試合のハードスケジュールのため、竜爪・西奈は東野が先発した。

 藤枝青島が東野の立ち上がりをとらえる。1回表、先頭打者にセンターオーバーの二塁打を許すと、さらにパスボールで一死三塁とされ、3番にスクイズを決められ、簡単に先制点を許してしまった。

 続く2回にも、二死から下位打線に連打を許し、二死満塁のピンチを背負ったが、ここは1番を三振に切ってとり、ピンチをしのいだ。
 東野はその後立ち直り、無失点に抑える。特に7回表はこの回先頭の7番に左中間に二塁打を許し、送りバントで一死3塁とされたが、ここも後続を切って取った。

 一方、公式戦2連敗中の竜爪・西奈は、この日も青島エースの巧みな投球に的が絞れず、4回まで無安打に押さえ込まれ、苦しい展開となったが、ようやく5回裏に追いつく。

 この回先頭の5番寺田が内野安打で出塁、すかさず盗塁を決める。二死となったが、ここで8番通清水が値千金のタイムリーをセンター前に運び、待望の1点をあげた。

 その後は竜爪・西奈が、押し気味に試合を進めた。 5回には和田のヒットなどで一死三塁、最終回には、エラーと7番井上の内野安打などで無死2・3塁と絶好のサヨナラのチャンスを迎えたが、後続が倒れ無得点に終わり、いやな展開となる。

 延長特別ルールで無死満塁から始まった8回表、竜爪・西奈は、簡単に二死を取ったが、その後2四死球を与え、押し出しの2点を許す。

 しかしその裏、竜爪・西奈は先頭の1番和田がこの日2本目のヒットを左前に運び、2走者を迎え入れまず同点。さらに一死後、3番後藤の時にパスボールで逆点サヨナラ勝ち。あっけない幕切れとなった。

▼スコア
▼ラインナップ
打順 選手 守備 打数 安打 四球 打点 盗塁
1 和田(竜)@ 2 4 2 0 2 1
2 小林(竜)A 8 3 0 1 0 1
3 後藤(竜)A 4 2 0 1 0 0
4 永野(竜)@ 6 3 0 0 0 0
5 寺田(竜)A 9 3 1 0 0 1
6 村田(西)@ 7 3 0 0 0 1
PH 山形(竜)A - 0 0 0 0 0
7 井上(竜)@ 5 3 1 0 0 1
8 通清水(西)@ 3 3 1 0 1 0
9 東野(竜)@ 1 3 0 0 0 0
27 5 2 3 5
▼1回戦の結果
(草薙軟式球場)
 ○安東 5-3 焼津・大村
 ○高洲・西益津 9-2 清水七

(清水四中G)
 ○大里・安倍川 4-1 島田金谷
 ○静岡翔洋 5-1 常葉大橘

(藤枝大洲中G)
 ○島田一・島田二 7-0 清水一(5回コールド)
 ○竜爪・西奈 1(3)-1(2) 藤枝青島(延長8回)

■写真集
 
■2回戦
島田一・二に逆転勝ちで4強を決めた!
 この日二試合目となった2回戦は、島田一・島田二の合同チームとの対戦となった。

 島田一・二は1回戦で清水一に5回コールド勝ちし、波に乗っている。対する竜爪・西奈は初戦は苦しんで勝利をものにした。

 竜爪・西奈は温存したエース永野を先発させ、この試合に掛ける。
 しかし、その永野が立ち上がりに2失点する。1回裏、島田一・二は、安打と四球の走者を確実にバントで送った一死2・3塁のチャンスに4番がセンター前に2点タイムリーを放つち幸先のよいスタートを切る。

 竜爪・西奈は1回の二死1・2塁のチャンスは逃したが、2回に反撃を開始。エラーと四球の走者がパスボールで進塁、二死2・3塁とすると、1番和田が内野安打を放ちまず1点を返す。

 4回には、先頭8番井上が右中間に二塁打で出塁、9番山形がきっちり送りバントを決め一死3塁とすると、1番和田の内野ゴロが内野安打となり同点に追いつく。

6回にはこの回先頭の7番通清水がヒットで出塁、8番井上が手堅く送るとまたしても1番和田のタイムリーが出て逆転した。

 最終回は相手投手がエラーからリズムを乱し、押し出しで4点目をあげた。

 先発永野は6安打を許す苦しいピッチングとなったが、要所を三振で抑えた。また鉄壁な守備陣が二つのダブルプレーを取るなどエースを援護した。

 堅い守りと手堅い攻撃で小刻みに得点した竜爪・西奈がみごとに逆転で4強入りを果たし、県新人戦へ王手を掛けた。
▼スコア
▼ラインナップ
打順 選手 守備 打数 安打 四球 打点 盗塁
1 和田(竜)@ 2 4 2 0 2 1
2 小林(竜)A 6 3 1 0 0 0
3 後藤(竜)A 4 2 0 1 0 0
4 永野(竜)@ 1 3 1 1 0 0
5 寺田(竜)A 9 3 0 0 0 0
6 村田(西)@ 7 3 0 1 0 0
7 通清水(西)@ 3 3 1 1 0 0
8 井上(竜)@ 5 2 1 1 0 0
9 山形(竜)A 1 2 0 1 0 0
25 6 6 2 1
▼2回戦の結果
(草薙軟式球場)
 ○安東 6-5 高洲・西益津

(清水四中G)
 ○静岡翔洋 4-1 大里・安倍川

(藤枝大洲中G)
 ○竜爪・西奈 4-2 島田一・島田二
■写真集
■組合せ
■またしても雨で順延(2017/10/29)
 
目指せ頂点、目指せ全国大会!
 秋の県ナンバー1を決める新人戦県大会への出場権をかけた中部地区中学校新人野球大会が、10/20から11/3までの3日間、草薙軟式球場ほかで開幕し、中部各地区予選を勝ち抜いた16校が出場する。(静岡地区からは新人戦の上位5校)

 
この大会は非常に重要な大会で、優勝チームには、3月に静岡県で開催されている春季全日本少年軟式野球大会(文部科学大臣杯)の出場権と「中部推薦」で県選抜大会への出場権も与えられる。
 さらに、上位3チームには県新人戦への出場権を獲得する。

 西奈・竜爪は、連覇を狙った新人戦でまさかの4位に終わり、この大会での雪辱を期す!この大会で優勝し、初めての全国大会切符(春季全日本少年軟式野球大会)と県選抜切符を狙う。

 組み合わせは、優勝候補の静岡翔洋が反対側のゾーンで比較的くじに恵まれた。しかし、この大会は、3日間で4試合を消化するハードな日程となるので、ピッチャーの少なく、若い竜爪・西奈はやや苦戦が予想される。

 1回戦は藤枝青島と対戦するが、初めての対戦相手なので予想はしにくいが、ここを突破すれば、一気に決勝まで進めそうな予感がする。
▲このページのTOPに戻る
MENU 野球 陸上 卓球 テニス 男バス 女バス 男バレ 女バレ ブラバン 美術
■ 当サイトに対するご意見、ご感想をお寄せください。  静岡市立西奈中学校PTA ■
Copyright 2002-2004 Shizuoka Nishina Junior High School PTA. All Rights Reserved
HOME | あいさつ | PTA活動 | 学校紹介 | 今月の予定 | 部活動 | 案内図 | 地域情報 | 掲示板&メール | リンク | サイトマップ