HOME > 部活動TOP > 野球部 > 第50回県中学選抜野球大会
第50回 静岡県中学選抜野球大会
県選抜大会の歴史  33回 34回 35回 36回 37回 38回 39回 40回 41回 42回 43回 44回 45回 46回 47回 48回 49回
  >>静岡県中学野球の仕組み
■大会中止(2019/03/03)
 
 
  新型コロナウイルスのため大会中止!
 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、残炎ながら大会そのものが中止と決定された。
■大会延期(2019/02/28)
 
 
  新型コロナウイルス感染拡大で大会延期!
 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、予定されていた2月29日から3月8日までの全試合が順延となった。
  順延されるのは2月29日の2回戦、3月1日の準々決勝、7日の準決勝、8日の決勝の日間。

  新しい日程や会場は、実施の可否も含めて3月9日以降に協議される。

 竜爪・西奈は、優勝候補として1回戦をコールドで好発進していただけに、悔やまれる変更となった。

 また、2連連続の出場を決めていた3月21日からの全日本少年春季軟式野球大会の中止も決まった。
■大会3日目~1回戦(2019/02/24)
 
 
  東部勢は1回戦で全滅!16強に中部8、西部8。
 大会3日目、春のような陽気の2月24日(月)、1回戦の残り8試合が行われ、ベスト16が決まった。

 この日は8試合中5試合はがコールドと近年の特徴である力の差が目についた。この日も東部勢が全滅。優勝候補の浜松雄踏、浜松三ヶ日は順当にコールド発進した。

 この結果、ベスト16には、東部勢が全て姿を消し、中部勢8、西部8が残った。

 来週2/29(土)は、2回戦8試合が行われる。竜爪・西奈は浜松開成と対戦する。
 
■1回戦

▽島田球場
 ○牧之原相良・牧之原 2-1 沼津三
 ○磐田城山 10-3 伊豆修善寺・中伊豆(5回コールド)
 ○浜松三ヶ日
 

▽浜岡球場
 ○掛川北 5(1)-5(0) 静岡大里・安倍川(延長8回)
 ○掛川大浜 8-1 熱海(5回コールド)
 ○浜松雄踏 9-0 清水六(5回コールド)
 
▽焼津球場
 ○清水七 2-1 御殿場西
 ○藤枝青島 10-1 富士宮二・三(5回コールド)
■大会2日目~1回戦(2020/02/23)
 
エース永野の投打の活躍で御殿場にコールド勝ち!
 
△2回裏、一死満塁でライト前に2点適時打を放つ永野

 雨で順延された1回戦7試合が、2月23日(日)、焼津球場ほかで1回戦7試合がおこなれた。

 この日登場した優勝候補の竜爪・西奈、東海大翔洋はいずれも5回コールドで初戦を飾り、力を見せつけた。
 静岡地区代表の常葉大橘は浜松天竜に延長で勝利をものにした。
 焼津球場の第二試合に登場した竜爪・西奈は御殿場と対戦した。

 焼津球場名物の強風のなか試合が行われ、優勝候補の竜爪・西奈はエース永野の投打に渡る活躍で5回コールドで御殿場に貫禄勝ちした。

 竜爪・西奈の先発はこの日も永野-和田の黄金バッテリー。永野は球速こそないものの、切れのあるストレートに大きなカーブを交え、ストライクを先行させ御殿場打線をきりきり舞いさせた。

 1
回の表、御殿場はエラーから二死3塁のチャンスを作ったが、永野が落ち着いたピッチングで無失点に抑える。

 その裏、御殿場は上背こそないものの右の本格派、ストレートも走り、コントロールもある好投手を先発させた。先頭和田がエラーで出塁、盗塁が」エラーを誘い一死3塁とすると、3番井上の内野ゴロでノーヒットで1点を先制する。

 続く2回には、下位打線の2死球と和田のヒットで一死満塁と攻めると、3番永野がうまくライト前に流し打ち、2点をあげると、さらに押し出しで1点を加え、この回3点。リードを広げた。

 3回裏には、竜爪・西奈が、7番栗岡の死球と、9番白鳥のヒットで一死23塁のチャンスを作ると、またしても2番永野がレフトオーバーの大2塁打を放ち2点を追加し、試合を優位に進めた。

 4回裏は、4番通清水が死球を選ぶと5番東野の送りバントがエラーを誘って、長躯通清水がホームイン、さらに村田の死球で一死23塁に7番栗岡がツーランスクイズを決め29番白鳥にもタイムリーが出て、ダメ押しの3点を追加し試合を決めた。

 守っては投げてエース永野が落ち着いたピッチングで御殿場打線を4回まで1安打4奪三振に抑えた。

 5回からリリーフした東野がエラーとヒットで一死満塁とこの日初めてのピンチを迎えたが、後続を二者連続三振に切って取りに苦しみながらも御殿場打線を無失点に抑え、みごと完封リレーした。

 2
回戦は、前評判の高かった東部推薦の伊東対島を圧倒した浜松の浜松開成に決まった。浜松開成は浜松新人戦の準優勝チームで侮れない強敵だ。

▼スコア
▼ラインナップ
打順 選手 守備 打数 安打 四球 打点 盗塁
1 和田(竜)② 4 1 0 0 1
2 永野(竜)② 3 2 0 4 0
3 井上(竜)② 1 0 1 1 0
4 通清水(西)② 1 0 2 0 0
5 東野(竜)② 0 0 2 0 0
6 村田(西7)② 2 0 1 0 1
7 栗岡(竜)② 1 0 1 2 0
8 安間(竜)② 0 0 1 0 1
PH 吉川(竜)② 1 0 0 0 0
遠藤(竜)② 0 0 0 0 0
池ヶ谷(竜)② 0 0 0 0 0
9 白鳥(西)② 2 2 1 1 1
15 5 9 8 4
(投手成績)
○永野 4回 被安打1  奪三振4 与四球0 自責0
  東野 1回 被安打1 奪三振2 与死球1 自責0
▽その他の試合結果メンバー

▽1回戦
○島田金谷 5-1 三島錦田

○掛川東 10-3 富士吉原一・二(6回コールド)

○常葉大橘 2(2)-2(1) 浜松天竜(延長8回)

○竜爪・西奈 9-0 御殿場(5回コールド)

○浜松開成 9-3 伊東対島

○東海大翔洋 12-2 袋井浅羽(5回コールド)

○焼津大井川 2-0 富士田子浦
■写真集
△試合前のルーティン
△先発永野 △御殿場の先発右腕
△試合前の守備練習
△1回裏 井上が先制の内野ゴロ △1回裏 三走和田がホームイン
△歓喜のベンチに迎えられる △2回裏 二盗を狙う栗岡
△2回裏 一挙に3点
△2回裏 送りバントをきっちり決めた安間 △2回裏 9番白鳥レフト前ヒット
△3回裏にも2点を追加 △4日裏 9点目の村田
△4回裏 通清水の二盗 △4回裏 東野がヘッドスライディング
△4回裏 代打吉川 △果敢に盗塁を企てる
△5回から東野がリリーフ △ベンチの選手たち
△5回表 初めてのピンチで円陣 △みごとコールド勝ち

■大会初日~1回戦(2020/02/22)
 
 優勝候補~堂々の入場行進!


 2月22日(土)、しんきんカップ第50回静岡県中学選抜野球大会が開幕。3年連続の出場となった竜爪・西奈は、優勝候補筆頭として堂々の入場行進を行った。

 大会初日は、午後から雨の予報だったので、開会式と開幕戦のみが行われ、残る1回戦7試合は明日24日に順延となった。

 開幕戦では静岡長田南が最終回まで1点リードしていたが、7回裏、優勝候補の浜松開誠館に逆転サヨナラ負けを喫した。
■写真集
■組合せ決まる! (2020/01/12)
 
 厳しい組合せ~翔洋と同ブロック!
 2月22日(土)に開幕するしんきんカップ第50回静岡県中学選抜野球大会の組み合わせ抽選会が1月11日に行われ、竜爪・西奈は22日の1回戦でパワーヒッターがそろう御殿場(駿東)と対戦することが決まった。開会式での選手宣誓は静岡長田南の桑原聖主将が務める。

 優勝争いは、昨秋の県新人大会を制した静岡竜爪・西奈(中部推薦)が中心となる。昨春の全日本少年春季軟式野球大会3位の時の主力が残り、永野-和田のバッテリーを中心にした堅守と勝負強い打撃で、新チームになって公式戦無敗を誇る。

 同じブロックには、対抗馬の東海大翔洋(清水)が入り、順当ならば3回戦で激突する。中部新人戦県新人戦といずれも接戦で竜爪・西奈が勝利したが、豊富な選手層を誇り、実力はピカイチなだけに、侮れない相手だ。

 同ブロックにはその他にも、主将高田を中心にまとまりがある伊東対島(東部推薦)などの強豪がひしめく。

 また、昨夏の全国中学校体育大会に出場した浜松開誠館も本多駿、優の双子のスラッガーをはじめ主力が残っている。同ブロックでは三島錦田(三島)、島田金谷(島田)、掛川東(西部推薦)、常葉大橘(静岡)などが対抗しそうだ。

 大会屈指の右腕の呼び声が高いのが浜松雄踏(浜松)の曽布川。最速120キロ台中盤の直球とスライダーを織り交ぜる本格派だ。雄踏は全国8強入りした雄踏野球スポーツ少年団の主力を中心に構成している。同ブロックでは浜松三ケ日(浜松)、磐田城山(磐周)なども上位をうかがう。

 大会は32チームが出場。決勝は3月8日、島田球場で行われる。
■出場校決まる! (2020/01/05)
 
 初優勝を狙う竜爪・西奈(3年連続3回目)!
 春の中学王座を争うしんきんカップ第50回静岡県中学選抜野球大会(県野球連盟、静岡新聞社・静岡放送主催)の出場32チームが決まった。合同4チームが初出場、御殿場西が33年ぶりに出場する。

 初出場は合同を組む静岡大里・安倍川、伊豆修善寺・中伊豆、富士吉原一・二、富士宮二・三の4チーム。最多出場は2年連続27度目の浜松三ケ日、東海大翔洋が5年連続25度目で続く。沼津愛鷹が26年ぶり、浜松雄踏が24年ぶりの舞台に臨む。

 組み合わせ抽選会は1月11日。大会は昨年よりほぼ一ヶ月早い1月22日に島田、浜岡、焼津球場で開幕し、決勝は3月8日、島田球場で行われる。

 優勝争いは、バッテリーを中心に昨夏の全中メンバーの大半が残り、昨秋の県新人戦を制して、新チームになって無敗を誇る静岡竜爪・西奈が中心になる。対抗は選手層の厚い東海大翔洋だが、中部新人戦、県新人戦とともに決勝で静岡竜爪・西奈に苦杯を喫しており、今大会で雪辱を期す。

 その他、西部新人戦の覇者・掛川東、島田金谷あたりも上位争いに絡んできそうだ。
■出場校    >>歴代出場校はこちらから
地区 出場校 出場回数
前年優勝地区 清水六 14年ぶり13回目
東豆 熱海 3年ぶり8回目
田方 伊豆修善寺・中伊豆 初出場
三島 三島錦田 2年連続12回目
駿東 御殿場 17年ぶり3回目
御殿場西 33年ぶり2回目
沼津 沼津三 4年ぶり14回目
沼津愛鷹 26年ぶり3回目
富士 富士吉原一・二 初出場
富士田子浦 13年ぶり6回目
富士宮 富士宮二・三 初出場
清水 東海大翔洋 5年連続25回目
清水七 2年連続8回目
静岡 常葉大橘 6年連続15回目
静岡大里・安倍川 初出場
静岡長田南 3年ぶり4回目
地区 出場校 出場回数
焼津 焼津大井川 5年ぶり8回目
藤枝 藤枝青島 2年連続11回目
島田 島田金谷 3年ぶり13回目
榛原 牧之原相良・牧之原 2年連続2回目
小笠 掛川大浜 2年連続7回目
掛川 掛川北 4年連続15回目
磐周 袋井浅羽 3年ぶり7回目
磐田城山 3年ぶり8回目
浜松 浜松雄踏 24年ぶり3回目
浜松三ケ日 2年連続27回目
浜松開成 2年ぶり5回目
浜松開誠館 2年連続2回目
浜松天竜 4年ぶり16回目
東部推薦 伊東対島 3年連続11回目
中部推薦 静岡竜爪・西奈 3年連続3回目
西部推薦 掛川東 4年ぶり14回目
▲このページのTOPに戻る
MENU 野球 陸上 卓球 テニス 男バス 女バス 男バレ 女バレ ブラバン 美術
■ 当サイトに対するご意見、ご感想をお寄せください。  静岡市立西奈中学校PTA ■
Copyright 2002-2004 Shizuoka Nishina Junior High School PTA. All Rights Reserved
HOME | あいさつ | PTA活動 | 学校紹介 | 今月の予定 | 部活動 | 案内図 | 地域情報 | 掲示板&メール | リンク | サイトマップ