HOME > 部活動TOP > 野球部 > H30全軟静岡地区大会
全日本少年軟式野球大会 静岡地区大会
育成大会 新人戦 中部新人戦 会長杯 県新人戦 県選抜
■第37回全日本少年軟式野球大会静岡地区大会 (2020/02/27)
 
翌週以降に大会延期!

 新型コロナウイルスの感染拡大を未然に防止するため、上記大会は以下のようになりました。

 @2/29(土)、3/1(日)に行う予定だった全軟静岡地区予選は翌週以降に順延とする。

 A今後の全軟静岡地区予選の予定に関しては後日連絡する。

■組合せ
■第37回全日本少年軟式野球大会静岡地区大会 (2020/02/16)
 
残る全国大会は横浜スタジアムのみ!

 令和元年度全日本軟式少年野球静岡地区大会の組合せ抽選が行われた。
 8月の横浜スタジアムでの全国大会への1枚の切符(東海地区で1枚)をかけて、一回も負けられない長い長い大会が2月29日(土)に開幕する。

 大会には15チーム(△1。連合チームは5チーム)が参加。特別シードに文部科学大臣杯に出場する竜爪・西奈が、2年連続で選ばれた。

 通常のシードには、秋の大会の戦績から、県選抜大会に出場する大里・安倍川、常葉大橘、長田南、選抜組以外では、コンスタントに好成績を残す南が選ばれた。県大会に出する代表1チームはトーナメント1位と特別シード竜爪・西奈の代表決定戦で決まる。

 この5チームを中心とした優勝争いが予想されるが、新チームになって市内大会、中部大会、県大会の全てを制し、県内無敗の竜爪・西奈の実力ががぬきんでている。 

 昨年度は、春季全軟全国大会、全中大会と二つの全国大会を経験し、残すは全軟全国大会(横浜スタジアム)のみとなった。今年の竜爪・西奈は、2002年に横浜スタジアムでの全国大会へ出場した西奈以来、18年ぶりの横浜スタジアム出場を狙う。

【参考】
 この大会は、軟式野球連盟主催が主催するクラブチームの大会で、西奈中も「西奈中クラブ」として出場する。予選は2月から静岡地区予選に始まり、県大会、東海大会と続く、すべての予選が1位校のみが勝ち残り、負けたら終わりのシビアな一発勝負の戦いが続く。全国大会は8月中旬に横浜スタジアムで開催される。 平成14年度の第19回大会では西奈中が全国ベスト8に輝いている。 

▲このページのTOPに戻る
MENU 野球 陸上 卓球 テニス 男バス 女バス 男バレ 女バレ ブラバン 美術
■ 当サイトに対するご意見、ご感想をお寄せください。  静岡市立西奈中学校PTA ■
Copyright 2002-2004 Shizuoka Nishina Junior High School PTA. All Rights Reserved
HOME | あいさつ | PTA活動 | 学校紹介 | 今月の予定 | 部活動 | 案内図 | 地域情報 | 掲示板&メール | リンク | サイトマップ