HOME > 地域の情報 > H21学区防災訓練
 平成21年度 西奈南連合町内会 防災訓練
■君たの若い力が地域の戦力だ!(09/12/06)
いざという時には、君たちが地域に力だ!
▲炊き出し訓練をする2年生女子!うまくできたかな?
 12月6日(日)、昨日からの雨も上がり、絶好の地域防災の日になった。この日は、西奈南学区連合自治会の主催で、静岡市防災部、千代田消防署、学区内の開業医の皆さん、消防団18分団の協力のもと、西奈南小及び西奈中の2会場で総合防災訓練が行われた。

  「朝8時30分に震度8強の地震が発生」との想定の元、訓練開始。10時には、負傷者をリヤカーや担架に乗せ、多くの皆さんが、連合自治会の本部が置かれた西奈南小会場に避難してきた。瀬名川一丁目、二丁目、瀬名中央町、南瀬名町町内会から約700人が。また、西奈中や西奈中OBの高校生もたくさん参加。近年にない大勢の参加で校庭が一杯になった。(西奈中会場は780人が参加)
 
 そこで、まず地域のお医者さんたちにより、トリアージが行われ、重傷者と軽傷者が区分けされ応急処置が行われた。
 
 続いて、兼田連合会長から「8月11日の地震は本当に怖かった。本番はもっと大きな地震が予想される、いったいどうしたら生きていけるんだろうか。安心安全な地域とするために、まず身近なところから、どうすべきか、みんなで考えて行きましょう」と挨拶。消防署からは「災害時には、中高生の皆さんの、若い力が戦力だ」と大きな期待の言葉が中学生に寄せられた。

 また、地域の開業医の南波先生からは、「地域の救護所は、医師だけの力では運営できない。地域の協力が必要です。」との話があった。

 後半は、体育館に移動して、「空間の耐震化」をテーマに、常葉短大講師の中川洋一氏の講演が行われた。自分の身を守るために、いかに家具の固定〜我が家の地震対策が重要か、写真やビデオを用いて、丁寧に分かりやすく説明があり、中学生をはじめ、多くの参加者が熱心に耳を傾けていた。
 最後に、炊き出し訓練でアルファ米やカンパンが参加者全員に配付され、12時には訓練が終了した。

 なお、この日は、避難開始から、最後まで、テレビの取材(第1テレビ)が行われた。


 >>詳細は、瀬名川一丁目ブログ”となりぐみ”をご覧ください。
 
▼たくさん参加した西奈中生 ▼西奈ジャージで参加した西奈中生
▼まず、参加証明書をもらおう! ▼負傷者のトリアージ
▼後半は体育館で「空間の耐震化」について勉強! ▼最後は、炊き出し訓練。アルファ米と乾パン!
▼各町内から700人が参加した西奈南小会場!
▲このページのTOPに戻る
■ 当サイトに対するご意見、ご感想をお寄せください。  静岡市立西奈中学校PTA ■
Copyright 2002-    Shizuoka Nishina Junior High School PTA. All Rights Reserved
HOME | あいさつ | PTA活動 | 学校紹介 | 今月の予定 | 部活動 | 案内図 | 地域情報 | 掲示板&メール | リンク | サイトマップ