HOME > PTA活動TOP > H18大臣賞受賞
 平成18年度
 優良PTA文部科学大臣表彰式
表彰式   県教育長・市長表敬訪問   全体集会での披露 静岡新聞 中日新聞 記念植樹   県歴代受賞PTA
 ■表彰式(2007/11/17)
 
県教育長を表敬訪問 
 11月17日(金)、日本PTA全国協議会主催(梅田会長)の平成18年度優良PTA及び功労者者表彰式が、ホテルニューオータニで開催された。
 表彰式には、伊吹文部科学大臣をはじめ多くの来賓のほか、北は北海道、南は沖縄県から、幼・小・中・養護学校のPTA関係者約800人が参加した。

 最高賞である優良PTA文部科学大臣表彰は、全国124団体(中学校は32団体)が受賞、県内では西奈中PTAが受賞した。なお、昨年は清水八中PTAが受賞している。
 その他、日P会長表彰では、優良PTAとして、熱海網代小、藤枝中央小、菊川内田小、新居小の4校PTA、個人表彰では落合さんはじめ8人の前県P役員の皆さんが表彰された。
■表彰式(日本PTA連絡協議会 年次表彰式)
  平成18年11月17日(金) 13:30〜15:50 
  ホテルニューオータニ
 ■受賞理由
 
 
 静岡市立西奈中学校PTAは、「地域で育む」「親子のふれあい」「PTAの活性化」を目標に定めて、事業を体系化し、目的を明確にして事業を推進することに心がけている。
 特筆すべき点は、情報発信・集約に積極的に取り組み「地域に開かれたPTA」を目指しいることである。開設5年目を迎えるPTA単独ホームページは、PTA活動、学校の様子、部活動、地域の情報等300ページを超える膨大な情報量、ほぼ毎日の更新頻度、ホームページを利用した意見集約など、全国的にも類を見ない内容となっている。
 一昨年、昨年と2年連続して日P連、県P連で表彰された広報紙は、地域全戸の回覧されるなど、子どもたちを地域で育む」環境づくりにもPTAが積極的にかかわっている。
 また、県P連から「PTA組織と運営」というテーマで研究実験委嘱を受けたことを契機に、全国の優良PTAの事例研究や行事ごとにアンケート形式で参加者の意見集約を行い、その成果として、体育祭での親子対決、PTAOB会の結成、おやじの会設立など新しい試みを始めるなど、高い目標意識のもと「PTA活性化」につながる積極的な活動をしている。
 ■受賞状
 
 
 ■表彰式の様子
 
 ■日P 梅田会長

 いじめや自殺が後を絶たたず、社会に大きな衝撃と悲しみを与えている今日、家庭、地域、学校をはじめ社会全体で子どもたちのことを考え、それぞれの責務を果たすことが求められている。
 特に、家庭における教育力の充実が大切である。
 ■伊吹文明 文部科学大臣

 地域ぐるみで子どもを育てていただいている皆さんに感謝する。
 日本の成長のためには、豊かな心、たくましい人材が必要であり、現内閣では、この教育再生を重要課題として取り組んでいる。
 国会で審議中の教育基本法では、家庭教育に重点を置いている。
 学校、地域、家庭を結ぶ要として、これからも皆さんには頑張っていただきたい。
▼文科省田中局長から表彰状を授与される青木会長 ▼表彰状を手に会場で記念撮影
▼表彰式が行われる壇上で開会前に証拠写真 ▼祝賀パーティーで乾杯!
▼左から佐藤県P会長、梅田日P会長、青木会長 ▼日P個人表彰を受賞した本県関係者の皆さん
▼静岡に戻りその日のうち受賞報告会開催 ▼表彰状を手に喜ぶOB会の面々
 
 ■新聞記事(2007/11/15)
 
▼平成18年11月15日「静岡新聞」より
 
 ■実践例
 
▼評価されたPTA単独ホームページ ▼今年も受賞。3年連続受賞のPTA広報紙「巣箱」
▼H17・18県P研究実験委嘱 ▼西奈祭での親子対決。負けて土下座する3年男子。
▼PTAOB会「ちゃっP会」 ▼父親ボランティアクラブでの下駄箱作り
▲このページのTOPに戻る
■ 当サイトに対するご意見、ご感想をお寄せください。  静岡市立西奈中学校PTA ■
Copyright 2002-2004 Shizuoka Nishina Junior High School PTA. All Rights Reserved
HOME | あいさつ | PTA活動 | 学校紹介 | 今月の予定 | 部活動 | 案内図 | 地域情報 | 掲示板&メール | リンク | サイトマップ