HOME > PTA活動TOP > H24第1回成人教育研修会
 平成24年度 第1回成人教育研修会
  前回
 ■今回は「福祉講習会」に挑戦!(2012/06/23)
 
家庭でできるレスキュー体験
 6月23日(土)、今年度第1回目のPTA成人教育研修会を南校舎調理室で開催しました。
 
 今回のテーマは「普段馴染みのない視覚に障害のある人達の生活体験」「障害のある人の気持ちになって考えてみよう」ということで、静岡視覚特別支援学校から、太田様、馬場様、山本様、高木様、内記様の計5名に講師としてきていただき、「福祉講習会」を開催しました。

 講習会には、保護者、生徒18人が参加。参加者は、最初に支援学校での指導風景をDVDで拝見し、その後、2人1組で介添え者と視覚障害の人の立場で、アイマスク着用して、校舎内を歩行体験したり、食事体験(お弁当の内容等全く知らされず)を行いましたが、普段、私達がどれだけ視覚に頼って生活をしているか、視覚がどれだけ大切な「感」なのかを、知らされる結果となったようです。

《参加者の主な声》
 ◎実際に体験して見なければ分からない、是非、学校の授業でも取り上げて生徒達に体験させて欲しい。
 ◎今後見かけたら声を掛けて介添えしてみたい。
 ◎又、福祉講習会開催して欲しい。

《その他参加者の感想意見》
 ◎介添人と介添えされる人との信頼関係の大切さを感じた。
 ◎見て食べるのと見えないで食べるのでは同じものでも味が違う。目で見る美味しさがわかった。
 ◎介添えされる体験をすることで、どう接したら良いのか参考になった。
 ◎(介添人の立場から)掴まれている手の強弱や汗で、相手の気持ちが掴まれている伝わってくる etc
▼アイマスクはこんなです。 ▼さぁ出発!廊下を歩くだけでも大変です
▼介添え者の誘導で恐る恐る階段を下りる ▼椅子に座るのも一人では出来ませんでした
▼さぁ、お楽しみ食事タイム ▼ぜんぜんうまく食べられません、何を食べたんだろう?
▲このページのTOPに戻る
■ 当サイトに対するご意見、ご感想をお寄せください。  静岡市立西奈中学校PTA ■
Copyright 2002-    Shizuoka Nishina Junior High School PTA. All Rights Reserved
HOME | あいさつ | PTA活動 | 学校紹介 | 今月の予定 | 部活動 | 案内図 | 地域情報 | 掲示板&メール | リンク | サイトマップ