HOME > PTA活動TOP > PTAについて考える
 モデルとなったアメリカのPTA
 
PTAって何? 戦前の後援会 アメリカのPTA 戦後のPTA誕生 衰退期 ゆとりと変化この現在 西奈中PTAの目指すもの

 日本のPTAがモデルとしたのは、アメリカのPTAです。


 この団体は1897年バーニー夫人とハースト夫人という二人の母親の提唱によって結成された全国母親協議会(National Congress of Mathers)に起源を有し、1924年全国父母教師協議会(National Congress of Parents and Teachers)と改称し今日に至っている団体で、単位PTA約5万、会員数約120万人に上っています。
 このPTAは人間の価値の尊重、教育機会の拡充、機能の伸長、自然資源の保護、国際理解、市民的責任など広義の教育目標を掲げ、幅広い活動を展開しています。
 また、父親や教師会員がかなりの割合を占め、実際的にも活発な活動をしていることが特徴として挙げられます。

 アメリカのPTA運動は、自分の子どもの通う学校に限定することなく、広く全国、全世界の子どもの環境改善に関心を拡大し、すべての子供たちの福祉を目指した一種の教育運動であるという点で、現在の日本のPTAとは、かなりかけ離れたもになっています。
▲このページのTOPに戻る
■ 当サイトに対するご意見、ご感想をお寄せください。  静岡市立西奈中学校PTA ■
Copyright 2002-2004 Shizuoka Nishina Junior High School PTA. All Rights Reserved
HOME | あいさつ | PTA活動 | 学校紹介 | 今月の予定 | 部活動 | 案内図 | 地域情報 | 掲示板&メール | リンク | サイトマップ