HOME > PTA活動TOP > PTAについて考える
 戦後、「民主化」の名のもとに隆盛
 
PTAって何? 戦前の後援会 アメリカのPTA 戦後のPTA誕生 衰退期 ゆとりと変化この現在 西奈中PTAの目指すもの
 
 戦後になると、「父母と教師の共同学習」「学校教育への協力」「校外補導」「地域の教育環境の充実」などを目的とする現在のPTAが生まれました。

 戦後のPTA結成の動きは、昭和21年アメリカ教育施設団がアメリカのPTAを紹介したことからはじまります。CIE(連合国最高司令部民間情報局)が、PTAの結成や育成を奨励し、これを受けて文部省が昭和26年「教師と父兄の会―教育民主化への手引き」を各都道府県教育委員会に配付したことが契機となり、全国の小・中・高等学校で爆発的な勢いでPTAが結成されました。

 同じように、「民主化運動」の名のもとに、地域の青年団などが隆盛を誇り幅広い活動をしていた時期でもありました。
 そして、昭和27年には、全国組織である日本PTA全国協議会(小中学校)も誕生しました。 
 
 ただ、残念なことに、
戦後教育財政の窮乏の中で、学校支援が緊急の課題とならざるを得なかったことなどから、個々の学校問題を離れて、子ども一般の福祉の向上といったアメリカのPTAのような社会教育団体としての活動は定着しませんでした。
 
▲このページのTOPに戻る
■ 当サイトに対するご意見、ご感想をお寄せください。  静岡市立西奈中学校PTA ■
Copyright 2002-2004 Shizuoka Nishina Junior High School PTA. All Rights Reserved
HOME | あいさつ | PTA活動 | 学校紹介 | 今月の予定 | 部活動 | 案内図 | 地域情報 | 掲示板&メール | リンク | サイトマップ