HOME > H22卒業式
第64回卒業証書授与式(2011/3/18)
 
▼卒業記念合唱〜“旅立ちの日に”“翔ける川よ”“栄光の架け橋”
 1週間前の3月11日(金)には、東北・北関東地区がマグニチュード9.0というかってない大きさの地震に見舞われ、10mを越す津波で1万人に近い尊い命が奪われるとともに福島原発では炉心融解・放射能漏れという悲痛な現実に直面。日本全国民が勇気を振り絞り、厳しい試練に立ち向かっている最中、3月18日(金)、西奈中では、第64回卒業証書授与式が厳かに行われた。

 式典では、堀校長から卒業生男子66名、女子57名、計123名一人ひとりに卒業証書が授与された。

 卒業記念合唱は“旅立ちの日に”“翔ける川よ”“栄光の架け橋”の3曲。曲と曲の間に生徒から先生への感謝の言葉が伝えられた。思わず溢れる涙で言葉に詰まる女子生徒も…聞いている先生方も思わずハンカチで涙を拭っていたのが印象的だった。

 卒業記念合唱を終え、退場する際には多くの生徒が目頭をおさえていた。恩師、仲間、保護者と共に1・2年生にかこまれた花道を進む。校門を一歩踏み出し、西奈中からの卒業となったが、その後も恩師を囲み仲間といつまでも別れを惜しむ姿があった。
 また、この学校でいつか会いましょう!
 
■式辞(堀校長)
 卒業生が、西奈祭等の六つの山を乗り越えたこと讃え、三つのはなむけの言葉を送ります。
 1、一歩踏み出す勇気。
 2、あきらめず、やり続けること
 3、仲間がいること
 これからも自信を持って、挑戦しょう!
■来賓挨拶(高橋PTA会長)
 中学校3年間の努力を讃え、親孝行の人、感謝の心を持つ人こそが、本当に偉い人です。三重苦を乗り越えた、「ヘレン・ケラー」は「迷った時は、困難な道を選んで進め」という言葉を残しています。困難を乗り越える青春を歩み、両親や恩師に喜んで頂ける、そんな人材に成長してほしい。
▼卒業証書の授与 ▼送辞 (生徒会長 弘繁くん)
▼答辞 (前生徒会長 杉浦くん) ▼保護者代表謝辞 (前川さん)
▼来賓の方々 ▼幾多の卒業生を見送った校門
▼校門までの後輩による花道 ▼校門の外で別れを惜しむ
■ホームページで振り返る〜3年間の思い出■
 ※こんな小さなときもありました。成長を振り返ってみよう!

1年時 ●入学式 ●自然教室 ●西奈祭 ●合唱祭
2年時 ●西奈祭 ●合唱祭
3年時 ●修学旅行 ●中体連 ●西奈祭 ●合唱祭 ●ときめきバザー
■ 当サイトに対するご意見、ご感想をお寄せください。  静岡市立西奈中学校PTA ■
Copyright 2002-2004 Shizuoka Nishina Junior High School PTA. All Rights Reserved
HOME | あいさつ | PTA活動 | 学校紹介 | 今月の予定 | 部活動 | 案内図 | 地域情報 | 掲示板&メール | リンク | サイトマップ