HOME > H30卒業式
第72回卒業証書授与式)
■卒業式(2019/3/20)
 
「遙か」を思いを込めて記念合唱
 桜のつぼみも膨らみ、春の訪れを告げるような、うららかな日和となった3月18日(水)、西奈中では第72回卒業証書授与式が厳かなうちに挙行され、男子70人、女子69人、計139人が西奈中を巣立っていった。

 会場となった体育館では、来賓、先生、在校生、卒業生保護者など会場いっぱいの皆さんが集、卒業生を大きな拍手で迎えた。

 高橋教頭の開式の辞で式典が始まった。国歌斉唱に続き、校歌斉唱、学事報告。いやがおうにも雰囲気は高まっていく。

■卒業証書授与
 そして卒業証書授与。担任から名前を呼ばれると、大きな声で返事をするもの、涙ぐむもの、一人ひとりに丁寧に声がかけられ、米澤校長から卒業証書が渡される。

■校長式辞
 今年で退官する米澤校長から、「卒業証書は義務教育が終了した証。今日のこの日を素直な感謝な気持ちを持ってほしい。「失ったものにこだわるのではなく、人は得たものに目を向ける。

 失敗しても自分を大きく成長させるチャンスととらえ、『本当に大切なものは目に見えない』を心に刻み、前向きに進んでほしい!今後の活躍を期待している。」と励ましの言葉が贈られた。

■PTA会長祝辞
 来賓を代表して丸山PTA会長から、卒業生の親としての思いもこもった素晴らしい祝辞が述べられた。
「あなたたちは生まれてから今日まで、苦しみを乗り越え仲間と励ましあいながら本当に頑張った。成長を見守る喜びをもらった。ありがとう。

 これからも新しい道を歩き出すあなたたちをいつもでもずっと信じて応援していきます。人は心から感謝するとき自然と頭が下がります。どうか皆さんもどんな小さなことでもいいので、自然に頭が下がり、下げてもらえるような優しい人になってほしい」

■祝電披露
 そのあと異動された先生方、小学校の恩師のみなさんからの祝電が披露された。

■送辞
 2年生の望月さんが送辞を述べる。

■答辞
 前生徒会長村田さんが、答辞を述べた。

■閉式の辞
 式歌の「仰げば尊し」の合唱で式はクライマックスを迎え、閉式となった。

■保護者謝辞
 式後、卒業生保護者を代表して、3学年委員長の永瀬さんから先生方に感謝の言葉と卒業生に熱いエールが贈られた。

■卒業記念合唱
 最後は恒例の記念合唱。卒業生全員が壇上に上がり、はじめに卒業生から恩師にありがとうのメッセージが贈られる。続いて、「道」と卒業生のリクエスト曲「遙か」の合唱が始まった。素晴らしいハーモニーが体育館に響き渡る。

 あっという間の2時間、今年も、涙あり、笑いありの素晴らしい卒業式となった。
 
■卒業生を今日も迎えた西奈中
■受付を手伝う下級生 ■開式を待つ卒業生
■卒業証書授与~米澤校長
■式辞~米澤校長 ■来賓祝辞~丸山会長
■送辞~二年生代表 望月さん ■答辞~卒業生代表 村田さん
■謝辞~ 卒業生保護者代表 永瀬さん ■3年部の先生方
■来賓~地域の皆さん ■PTAカメラマン
■卒業生による記念合唱
■卒業生旅立ち
■お手伝いする在校生
■ホームページで振り返る~3年間の思い出■
 ※こんな小さなときもありました。成長を振り返ってみよう!

1年時 ●入学式 ●西奈祭 ●合唱祭 ●ときめき感謝祭
2年時 ●西奈祭 ●合唱祭
3年時 ●中体連 ●西奈祭 ●合唱祭 ●ときめき感謝祭
■ 当サイトに対するご意見、ご感想をお寄せください。  静岡市立西奈中学校PTA ■
Copyright 2002-2004 Shizuoka Nishina Junior High School PTA. All Rights Reserved
HOME | あいさつ | PTA活動 | 学校紹介 | 今月の予定 | 部活動 | 案内図 | 地域情報 | 掲示板&メール | リンク | サイトマップ