HOME > 学校行事 > R01西奈祭
 ■2色対抗~赤組が大逆転勝ち!(2019/09/14)
 
赤組まさかの大逆転勝ち!

 3年ぶりに晴天に恵まれた9月14日(土)、保護者をはじめ地域の多くの皆さんを迎え、西奈祭が盛大に開催され、二色対抗となった今年は赤組がまさかの大逆転劇を演じた。

 異常気象で真夏日が続いたため、開始時刻を30分ほど早めて始まった。青組から優勝カップが返還され、学年代表の3人がそれぞれ、意気込みを熱く語った。

 校長先生からは「これまで準備をしっかりしてきた。今日は達成感を味わい、立派に成長した姿をみんなに見せよう!」と励ましの言葉が贈られた。

 また大石PTA会長は、「持っているポテンシャルを発揮して、思い出に残る西奈祭にしよう!『がんばれー 西奈中生徒たち!』」と叫んだ。

 続いて団旗が紹介された。今年から、青組・赤組の趣向を凝らした団旗に加え、各クラスの応援幕が作られ、それらをまとめて一枚の布にした団旗が紹介された。なかなかいい感じだ。

 いよいよ競技の幕が切って落とされた。最初の2年学級対抗リレーは青組が勝利。続く、1年学年種目(台風の目)は最後まで競り合ったが、赤組がかろうじてトップを守った。3年学級対抗リレーは、陸上部のエースが出場した青組が圧勝。次の2年学年種目(二人四脚)も青組が取り、リードを広げた。

 一年学級対抗リレーは紅組が雪辱したが、続く3年学年種目は息のぴったり合った青組が圧勝。青組が得点を重ねた。

 綱引きは、番外編で、恒例となった3年男子とお父さん、3年女子とお母さんの対決が行われた。やはり今年も、こどもたちが秒殺され、親が貫禄を見せつけた格好となった。土下座の再戦要求こそなくなったが、やはり盛り上がる西奈祭らしい種目だ。

 午前最後は、色別対抗リレーが行われた。各クラスから選ばれた精鋭によるリレーはやはり見応えがある。これも青組が制し、得点は830点対730点となり、青組の大量リードで午前の部が終わった。 

 午後は、応援合戦で幕があいた。一糸乱れぬ応援で、優劣つけがたい演技だった。女子縦割り競技の竹・タイヤ取りは、いつも激しいバトルが繰り広げられる。今年ももつれて3回戦まで行われたが、なんと赤組が逆転勝ち。

 続く、男子縦割り競技の騎馬戦は、1回戦6-0、2回戦5-0と青組が完勝、11-0とリード。ほぼ青組の勝利が見えていた。

 しかし、最後の3回戦は、作戦を変更した赤組がなんと6-0と勝利、得点が倍になるルールでなんと逆転勝ち。油断した青組に赤信号がともった。

 最終種目の大縄跳びは、2年生が例年活躍するが、今年も202HRが102回と圧倒的な回数で優勝、2位にも203HRが50回で入った。

 この種目も赤組が制し、応援合戦もものにした赤組が、終わってみれば1490点対1480点、大逆転で総合優勝を果たした。

 閉会式では、西奈祭を最後に引退する現生徒会長から「3年生はこれで最後、これからは2年生に期待している」とエールが贈られ、今年も西奈祭が幕を閉じた。

(今年のシンボルマーク)
※今年から各クラスの応援幕と団旗の合作
(組み分け)
青組 103 104 203 204 301 302
赤組 101 102 201 202 303 304 特支
▼優勝カップは総合優勝の赤組へ
▼応援合戦の自治会長賞も赤組
▼大縄跳びの入賞チーム
■プログラム&結果■
■写真集《午前の部》■
■赤組入場 ■青組入場
■開会式(選手宣誓) ■開会式(ラジオ体操)
■2年学級対抗リレー
■1年学年種目
■3年学級対抗リレー
■2学年種目(3人4脚)
■1年学級リレー
■3学年種目(全員ムカデ)
■縦割りB (綱引き)
★やんちゃガールズVSなでしこレディース
★やんちゃボーイズVSがんこオヤジーズ
■縦割りA(色別対抗リレー) 
■写真集《午後の部》■
■応援合戦 青組応援
■応援合戦 赤組応援
■女子縦割り(タイヤ竹取り)
■男子縦割り(騎馬戦)  
■全校種目(大縄跳び)
■結果発表■
▽紅組優勝の瞬間
▽吹奏楽部登場 ▽村松実行委員長の言葉
■閑話休題■
  
▲このページのTOPに戻る
■ 当サイトに対するご意見、ご感想をお寄せください。  静岡市立西奈中学校PTA ■
Copyright 2002-2004 Shizuoka Nishina Junior High School PTA. All Rights Reserved
HOME | あいさつ | PTA活動 | 学校紹介 | 今月の予定 | 部活動 | 案内図 | 地域情報 | 掲示板&メール | リンク | サイトマップ