HOME > R01卒業式
第73回卒業証書授与式)
■卒業式(2020/3/19)
 
卒業式~新型コロナなんか吹き飛ばせ!
  暖かな日射しが降り注ぐ卒業式日和となった3月18日(水)、西奈中では第73回卒業証書授与式が厳かなうちに挙行され、男子62人、女子52人の計114人が西奈中を巣立っていった。

 1月に中国で発生した新型コロナウイルス感染症が瞬く間に全世界に拡散し、日本でも3月に入り学校の臨時休校や各種会議・イベントが自粛され、日本全体に閉塞感が漂う状況の中、卒業式も例外ではなく、今回は参加者を卒業生、保護者(各家庭1人)、来賓(PTA会長のみ)、教員に限定し、規模を縮小して行われた。

 高橋教頭の開式の辞で式典が始まった。国歌斉唱、校歌斉唱、学事報告も省略され、ただちに卒業証書授与が始まった。

■卒業証書授与
 担任から一人ひとり呼名されると、卒業生が登壇し近藤校長から卒業証書が渡される。

■近藤校長式辞
 「最後になりますが、相田みつおさんの言葉を紹介したいと思います。
 いいですか
 いくらのろくてもかまいませんよ
 たいせつなことは
 いつでも前をむいて
 自分の道を歩くことですよ

 苦しい時、悩んでしまった時、自分を信じ、前を向いて次の一歩を踏み出してください。卒業生の皆さん一人ひとりが、西奈中学校で身につけたことを生かし、4月よりそれぞれ異なった進路で情熱をもって取り組み活躍することを願っています。」

■唯一の来賓の大石修PTA会長祝辞
 「私たちの子どもに生まれて来てくれてありがとう~皆さんには無限の可能性が限りなく秘められています。うまくいかない時でも自分らしくベストを尽くし続けていけば、必ず新しい次の道が開かれます。桜も厳しい冬を耐え、春という時を待って花を咲かせます。何年後になるかわかりませんが、皆さん一人一人が思い出の花を咲かせるために、また西奈中に来てくれることを夢見て私からの贈ることばとします。」

■祝電披露
 そのあと異動された先生方、小学校の恩師のみなさんからの祝電が配付され披露された。

■卒業生代表の言葉
 今年は送辞は行われず、卒業生を代表して村松更祐くんが、感謝の言葉、これからの意気込みを述べる。

■閉式の辞
 例年であれば式歌の「仰げば尊し」が合唱されるが、今年はそのまま閉式となった。

■保護者謝辞
 式後、卒業生保護者を代表して、3学年委員長の唐木文子さんから先生方に感謝の言葉と卒業生に熱いエールが贈られた。

 あっという間の1時間、新型コロナの影響で残念ながら君が代や校歌斉唱、卒業生による記念合唱も行われなかったが、新型コロナを吹き飛ばすように、温かい素晴らしい卒業式が行われ若い力が西奈中を巣立っていった。。

 
■卒業証書授与~近藤校長
■卒業生代表の言葉  村松くん ■間隔を広く取った会場
■同窓会入会式(2020/3/19)
 
同窓会入会式~大石新会長誕生!
 卒業証書授与式の終了後、引き続き西奈中同窓会への入会式が行われ、今年から新しく会長に就任した大石修会長から歓迎の言葉が贈られた。

■歓迎の言葉
 本年度より同窓会会長に就きました大石です。私自身1988年度の卒業生です。明日からは「先輩」と呼んでください。

 私が西奈中に通っていた30年以上前と比べると、校舎もくだびれ、生徒数もかなり減少しても、変わらないもの、それは「西奈中魂」です。校歌の3番に「母校の誇り」という歌詞があります。西奈中の誇りを胸に4月からの新生活を力一杯頑張ってください。
 
■ホームページで振り返る~3年間の思い出■
 ※こんな小さなときもありました。成長を振り返ってみよう!

1年時 ●入学式 ●西奈祭 ●合唱祭
2年時 ●西奈祭 ●合唱祭 ●ときめき感謝祭
3年時 ●中体連 ●西奈祭 ●合唱祭
■ 当サイトに対するご意見、ご感想をお寄せください。  静岡市立西奈中学校PTA ■
Copyright 2002-2004 Shizuoka Nishina Junior High School PTA. All Rights Reserved
HOME | あいさつ | PTA活動 | 学校紹介 | 今月の予定 | 部活動 | 案内図 | 地域情報 | 掲示板&メール | リンク | サイトマップ